[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

一日「+4」の渋野日向子、苦境支えた大歓声に涙目「こんな自分を応援してくれて…」

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープンは2日、前日から順延となった第2ラウンド(R)が栃木・烏山城CC(6550ヤード、パー71)で行われた。4位スタートの渋野日向子(サントリー)は1バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの75とスコアを落とし、通算1オーバーで予選ラウンド終えた。

通算1オーバーで予選ラウンド終えた渋野日向子【写真:Getty Images】
通算1オーバーで予選ラウンド終えた渋野日向子【写真:Getty Images】

18番パー4、池の淵から「ガッツパー」

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープンは2日、前日から順延となった第2ラウンド(R)が栃木・烏山城CC(6550ヤード、パー71)で行われた。4位スタートの渋野日向子(サントリー)は1バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの75とスコアを落とし、通算1オーバーで予選ラウンド終えた。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 渋野は出だしの10番パー4からダブルボギーをたたいた。「パットでミスをして、久しぶりに4パットをしました」。11番パー3は左バンカーに入れてボギーとし、17番パー4でもスコアを落とした。

 その後もショットは左に曲がり、ショートパットにも苦しんだ。それでも、18番パー4ではギャラリーを沸かせた。左に曲げた第1打は、池の縁に止まった。スタンスが取れないため、1度はシューズを抜いで池の中に足を入れたが、「かなり滑って、自分の身も危険」と判断。ドロップ後、第3打でグリーンを捉えると、10メートルのパーパットを沈めた。

「あの位置にボールが止まったのも奇跡です、あの距離が入ったのも奇跡。あそこだけ誰か助けてくれたのかなと思いました」

 その上で、渋野は有観客試合での開催を改めて喜び、観客に感謝した。「あんなガッツパーなのに、(ギャラリーが)すごく盛り上げてくれました。嬉しいと思いましたし、ちょっと恥ずかしかったです。ただ、今日は自分で自分を励ますことができず、ギャラリーさんの力を借りました。横を通ったら『頑張れ』と言ってくれますし、こんな自分を応援してくれて、頑張らなきゃと思いました」。話すうちにその目は潤み、声は上ずった。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集