[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、3ボールから豪快マン振り HR王諦めない姿に米実況も度肝「オッホッホ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は1日(日本時間2日)、敵地マリナーズ戦に「2番・指名打者」で先発出場し、3打数無安打だった。本塁打王争いではトップに3本差の中、3ボール0ストライクからフルスイング。体を仰け反らせた様子に対し、米実況席は「ワット!?」「オッホッホ」と驚いている。

マリナーズ戦に「2番・指名打者」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
マリナーズ戦に「2番・指名打者」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

大谷翔平が見せたマン振りとは

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は1日(日本時間2日)、敵地マリナーズ戦に「2番・指名打者」で先発出場し、3打数無安打だった。本塁打王争いではトップに3本差の中、3ボール0ストライクからフルスイング。体を仰け反らせた様子に対し、米実況席は「ワット!?」「オッホッホ」と驚いている。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 大谷のヘルメットが飛びそうだ。2-1の5回2死走者なしで3ボール0ストライクとなった。ポストシーズン争いを繰り広げるマリナーズは、最近の試合で大谷との勝負を避けがち。そんな中、大谷は真ん中高めに来た4球目を豪快に振り抜いた。体を仰け反らせるマン振り。渾身の力を込めたが、ファウルだった。

 このシーンに対し、地元テレビ局「バリー・スポーツ・ウエスト」の実況マット・バスガーシアン氏は「オォ!」「ワット!?」と度肝を抜かれた様子。解説を務める球団OBのマーク・グビザ氏も「オッホッホ」と笑い声を上げ「ショウヘイは準備万端でしたね。3-0カウントからは普段はあまり振りませんからね」とコメントした。

 バスガーシアン氏が「これは甘い球でしたね。打撃練習のような速球ですよ。オーマイグッドネス!」と語ると、グビザ氏も「きちんとヒットしてたらボールはバンクーバーまで飛んでたでしょうね(笑)」と返答した。この打席の大谷は二ゴロに終わったものの、チームは2-1で勝利。一発は出なかったが、諦めずに甘い球を振り抜く全力プレーが注目を集めたようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集