[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

21歳吉田優利、肉体改造が生んだV 夏場対策でメニュー再考「みるみる体が良くなった」

女子ゴルフの国内ツアー・ゴルフ5レディスは5日、三重・ゴルフ5C四日市C(6563ヤード、パー72)で、悪天候によるコースコンディション不良のため消化できなかった第2ラウンド(R)の残りと最終Rが行われた。首位と4打差の7位で出た21歳・吉田優利(エプソン)が9バーディー、2ボギーの65で回り、通算14アンダーで並んだ岡山絵里(ニトリ)とのプレーオフを制し、ツアー2勝目を記録した。

ツアー2勝目を記録した吉田優利【写真:Getty Images】
ツアー2勝目を記録した吉田優利【写真:Getty Images】

国内ツアー・ゴルフ5レディスでツアー2勝目

 女子ゴルフの国内ツアー・ゴルフ5レディスは5日、三重・ゴルフ5C四日市C(6563ヤード、パー72)で、悪天候によるコースコンディション不良のため消化できなかった第2ラウンド(R)の残りと最終Rが行われた。首位と4打差の7位で出た21歳・吉田優利(エプソン)が9バーディー、2ボギーの65で回り、通算14アンダーで並んだ岡山絵里(ニトリ)とのプレーオフを制し、ツアー2勝目を記録した。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 吉田は前半だけで4つスコアを伸ばすと、後半も14番から3連続バーディーを記録するなど一気に浮上。最終18番でボギーとして岡山とのプレーオフに突入するも、2ホール目で岡山がボギーとしたのに対し、吉田はパーで勝負あり。7月の楽天スーパーレディースに続く、プロ2勝目を記録した。 ホールアウト後のインタビューで、吉田は「1か月前に初優勝して、2勝目を挙げることができて本当に幸せです」と喜びを語った。

 プレーオフを戦った岡山は憧れのゴルファーの1人。「体や腕が一瞬も緩まず、身体全体を使うスイング。緩まないし、クラブがずっと遠くにある。それで飛ばしていける。ショットメーカーのスイングだと思って参考にしています」。勝利を決め、笑顔が弾けた。

 今季2勝目については「早かったと思います。今週勝てるとは思ってなかったです」。成長は肉体改造が生んでいる。春先は1ラウンドで足に痛みなどが出ていたことから、体力や筋力が落ちる夏場を乗り切れるように、トレーニングと食事のメニューをトレーナーと組み立て直した。

「カロリーや栄養素のバランスが大事。栄養不足だと筋力だけが落ちたり、筋肉を分解していく働きになると勉強していた。みるみる体が良くなっていくと実感しているし、スイングの修正がすぐにできるようになった。トレーニングはきついことだけれど、私にとっては必要不可欠」

 9月からチークなどのコスメを秋仕様のオレンジに変えた21歳。古江彩佳、西村優菜ら実力者が揃う2000年度生まれの“プラチナ世代”だ。「勝ち星は自分的にあまり気にしていない。古江選手、西村選手は勝つ実力がある選手ですが、自分は自分で目標を持ってやっていければいい」と周りに左右されずに戦っていく。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集