[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、成功一転の苦笑い 勢い余る二盗失敗に米女性レポーター「人間と証明した」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、レンジャーズ戦に「2番・DH」で先発出場。6回の第3打席に43号3ランを放つなど、4打数2安打3打点だった。8回には二盗を試み、一度はセーフ判定をうけたものの、ベースから離れてしまいアウトに。今季23個目の盗塁はならなかったが、米レポーターは「自分が人間であることを証明した」「彼はスマイルだった。最高だ」などとその様子を伝えている。

レンジャーズ戦に「2番・DH」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
レンジャーズ戦に「2番・DH」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

8回に盗塁を試みるも、足がベースから離れてアウトに

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、レンジャーズ戦に「2番・DH」で先発出場。6回の第3打席に43号3ランを放つなど、4打数2安打3打点だった。8回には二盗を試み、一度はセーフ判定をうけたものの、ベースから離れてしまいアウトに。今季23個目の盗塁はならなかったが、米レポーターは「自分が人間であることを証明した」「彼はスマイルだった。最高だ」などとその様子を伝えている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 なんでもできる大谷の、少し珍しいシーンに注目していた。8回、右前打で出塁した大谷は、3番ゴスリンの打席でスタート。滑り込んでセーフと思われた次の瞬間、勢いが付きすぎてセンター方向に体が流れてしまった。離れた足をベースにつけようとするも、タッチアウト。脱げたヘルメットを拾った大谷は、苦笑いでベンチへ戻っていった。

 このシーンに、米放送局「MLBネットワーク」の女性レポーター、ジル・ペインター・ロペス氏が注目。ツイッターの文面に「盗塁を試みたショウヘイ・オオタニだったがアウトになり、自分が人間であることを証明した。声援を浴びながらダグアウトに戻ったが、彼はスマイルだった。最高だ」とつづった。投稿には「ファンは目撃している才能に感謝しているんだね」などとも返信が寄せられている。

 試合は先発投手スアレスが9回1失点で完投。エンゼルスが4-1で勝利した。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集