[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大里桃子が「パットイップス」克服の2勝目 30cmも入らず苦悩「回復して再発して…」

女子ゴルフの国内ツアー・ほけんの窓口レディース最終日は16日、福岡CC和白C(6335ヤード、パー72)で悪天候によりサスペンデッドとなった第2ラウンド(R)の途中から再開された。36ホールの短縮競技となった中、22歳の大里桃子が通算9アンダーで並んだささきしょうことのプレーオフ(PO)を制して逆転優勝。渋野日向子らと同じ1998年度生まれの黄金世代が、2018年8月以来2年9か月ぶりのツアー通算2勝目を飾った。

プレーオフを制して逆転優勝した大里桃子【写真:Getty Images】
プレーオフを制して逆転優勝した大里桃子【写真:Getty Images】

ほけんの窓口レディース最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・ほけんの窓口レディース最終日は16日、福岡CC和白C(6335ヤード、パー72)で悪天候によりサスペンデッドとなった第2ラウンド(R)の途中から再開された。36ホールの短縮競技となった中、22歳の大里桃子が通算9アンダーで並んだささきしょうことのプレーオフ(PO)を制して逆転優勝。渋野日向子らと同じ1998年度生まれの黄金世代が、2018年8月以来2年9か月ぶりのツアー通算2勝目を飾った。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 第1Rを1打差の3位で終えた大里は、15日の第2Rで第1打直前に雷が鳴ってサスペンデッド。この日は正規のラウンドで5バーディー、1ボギーだった。最終18番は意地のバーディーを決めてPOに。18番パー5で行われたPOは、3ホール目に2オンに成功し、約4メートルのイーグルパットを外したが、バーディーを奪った。ささきが直後にバーディーパットを外し、大里の優勝が決定。涙を流して喜び、会見ではこれまでの苦悩を振り返った。

「初優勝した後にパットの違和感に悩まされた。今年も回復したり、再発したりでずっと悩まされていた。それを克服できて、やっと2勝目を挙げることができた。1勝目は勢いそのままに勝って、今回は苦労した分、実力もついて勝ち取った優勝だと思います。苦しい時期を思い出すと嬉しいです」

 18年に初優勝したが、パットに悩まされてきた。活躍できず、賞金ランクは下がっていくばかり。同50位以内に与えられるシード権がちらついた。「これが続いたらどうなるんだろう。早く解決策を見つけないと」。パターを何本も試し、握り方も変えた。しっくり来ては合わなくなるの繰り返し。このオフも不調は続き「やっぱりイップスが出て、30センチも真っすぐ打てないくらい。小学生でも入るものが打てなくて本当に苦しかった」と吐露した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集