[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

逆転V大里桃子に惜敗も晴れやか 足首捻挫を抱えた2位ささきしょうこ「頑張って戦えた」

女子ゴルフの国内ツアー・ほけんの窓口レディース最終日は16日、福岡CC和白C(6335ヤード、パー72)で悪天候によりサスペンデッドとなった第2ラウンド(R)の途中から再開された。36ホールの短縮競技となった中、22歳の大里桃子が通算9アンダーで並んだささきしょうことのプレーオフ(PO)を制し、ツアー通算2勝目を挙げた。24歳のささきは2年7か月ぶりの4勝目はならず。「今の自分では頑張って戦えた」と振り返った。

プレーオフに敗れ、2位となったささきしょうこ【写真:Getty Images】
プレーオフに敗れ、2位となったささきしょうこ【写真:Getty Images】

ほけんの窓口レディース最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・ほけんの窓口レディース最終日は16日、福岡CC和白C(6335ヤード、パー72)で悪天候によりサスペンデッドとなった第2ラウンド(R)の途中から再開された。36ホールの短縮競技となった中、22歳の大里桃子が通算9アンダーで並んだささきしょうことのプレーオフ(PO)を制し、ツアー通算2勝目を挙げた。24歳のささきは2年7か月ぶりの4勝目はならず。「今の自分では頑張って戦えた」と振り返った。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 第1Rは2打差の4位で終えたささきは、1番第3打からプレーを再開。前半で2つ伸ばすと、後半も12、16番でバーディーを奪った。2位で迎えた最終18番パー5では、第3打をピンそばに寄せてバーディー。この間に最終組で首位だった大里桃子が17番でボギーを叩き、ささきが逆転。しかし、大里が18番でバーディーを奪い、POに突入した。

 18番パー5で行われたPOは、両者とも1ホール目はパー。2ホール目は、ささきの放った残り69ヤードの第3打がカップをかすめ、ピン奥20センチにピタリ。バーディーを奪ったが、大里も2メートルのバーディーパットを入れた。3ホール目に大里がバーディーだった一方、ささきはバーディーパットを外して敗れた。会見では晴れやかな表情でこう振り返った。

「負けるのは悔しい。でも、最後のバーディーパットは100球打って100球入る距離ではない。桃子ちゃんが凄くナイスな2オンだった。バーディーも確実ですし、今の自分の技量では頑張って戦えたと思います。久々の優勝争いが凄く楽しいと思えた」

 2016年に初優勝。目まいや過呼吸となる自律神経失調症を患ったが、18年に2勝を挙げた。しかし、19年は36試合で19度の予選落ちなど、賞金ランク89位と苦戦。「もう私は優勝争いできないのかなと持っていたので、優勝争いしていた自分が凄い楽しかった。まだできるんだと実感できたのがよかった」。今年は最終予選会32位の権利で出場し、10試合の出場で最高15位だった。

 2週間前にゴルフ場で足首を捻挫。全治8週間と診断され、テーピングを巻いた状態だが「怪我の功名というか、無理に振らなくなってスイングが安定した」と今週はショットが光った。「今日のプレーは今後に繋がると思います」と前を向いた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集