[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロッテ佐々木朗希、外角低め154kmで奪三振 プロ初登板の剛球に反響「惚れ惚れする」

プロ野球・ロッテの佐々木朗希投手が16日、西武戦(ZOZOマリン)でプロ初登板初先発。初回に山川穂高内野手からフォークボールでプロ初三振を奪うと、2回には2奪三振を記録した。スパンジェンバーグ内野手を154キロの直球で仕留めた実際の三振シーンを、スポーツチャンネル「DAZN」公式ツイッターが動画で公開。ファンからは「惚れ惚れする」「やっぱ化け物」とコメントが書き込まれている。

佐々木朗希【写真:Getty Images】
佐々木朗希【写真:Getty Images】

西武戦でプロ初登板初先発

 プロ野球・ロッテの佐々木朗希投手が16日、西武戦(ZOZOマリン)でプロ初登板初先発。初回に山川穂高内野手からフォークボールでプロ初三振を奪うと、2回には2奪三振を記録した。スパンジェンバーグ内野手を154キロの直球で仕留めた実際の三振シーンを、スポーツチャンネル「DAZN」公式ツイッターが動画で公開。ファンからは「惚れ惚れする」「やっぱ化け物」とコメントが書き込まれている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 最後は力のこもった直球だった。2回2死走者なし。佐々木朗はスパンジェンバーグを2-2と追い込むと、外角低め目掛けて右腕を振った。捕手の構えたところに吸い込まれるような投球は154キロ。空振りを奪い、この日3つ目の三振を記録。ベンチへ悠々と歩いて戻った。

 実際の映像を「DAZN」公式ツイッターが公開。「“令和の怪物” 佐々木朗希 2回は2奪三振で三者凡退に」などとなどと文面につづった。ファンからは「惚れ惚れするストレートだな」「やっぱ化け物だわw」などとコメントが寄せられている。佐々木朗は初回に2安打を浴びるも無失点に切り抜けている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集