[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

21歳吉田優利、首位陥落の3位 初V逃すも前向き「残念とは思わない。後悔はないです」

女子ゴルフの国内ツアー・ほけんの窓口レディース最終日は16日、福岡CC和白C(6335ヤード、パー72)で悪天候によりサスペンデッドとなった第2ラウンド(R)の途中から再開された。36ホールの短縮競技となった中、21歳の吉田優利(エプソン)は2バーディー、1ボギーの71で回り、通算7アンダーで首位と2打差の3位。大里桃子(伊藤園)がツアー通算2勝目を挙げた。

通算7アンダーで3位となった吉田優利【写真:Getty Images】
通算7アンダーで3位となった吉田優利【写真:Getty Images】

ほけんの窓口レディース最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・ほけんの窓口レディース最終日は16日、福岡CC和白C(6335ヤード、パー72)で悪天候によりサスペンデッドとなった第2ラウンド(R)の途中から再開された。36ホールの短縮競技となった中、21歳の吉田優利(エプソン)は2バーディー、1ボギーの71で回り、通算7アンダーで首位と2打差の3位。大里桃子(伊藤園)がツアー通算2勝目を挙げた。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 第1Rを首位で終えた吉田は、15日の第2Rでスタート直前に雷が鳴ってサスペンデッド。最終組で回ったこの日は6、13番でバーディーを奪った。17番パー4は第1打を右の林に入れ、第2打はフェアウェーに出すだけ。第3打のアプローチを約2メートルに寄せてパーセーブした。

 最終18番パー5は、残り71ヤードの第3打がグリーン奥のバンカーへ。入れなければ負けが決まるアプローチは、カップをかすめて3メートルオーバーした。パーパットを外してボギー。ラウンドの会見では淡々と振り返った。

「残念という結果とは思わない。凄く楽しくラウンドできたし、良い集中力で18ホールを回れました。優勝できなくて残念という言葉は、それ自体が自分にとって残念。(18番は)リーダーボードを見て4打目を入れにいきました。入れるしかない状況であのショットができたのはよかった。寄せてもよかったけど、攻めた結果なのでよかったです。後悔はないです」

 2000年度生まれのプラチナ世代と呼ばれる学年。古江彩佳、西村優菜に続く同世代3人目の優勝はならなかった。「最終日最終組でプレーしていればいつかチャンスが来る。ずっと上にいる人はバランスがいいし、ミスも最小限。自分の中でそれを再確認しながら回れたのは、これからに繋がると思います」と前向きだった。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集