[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

6位原英莉花「流れのスポーツだと痛感」 前日3連続バーディー、再開後に3連続ボギー

女子ゴルフの国内ツアー・ほけんの窓口レディース最終日は16日、福岡CC和白C(6335ヤード、パー72)で悪天候によりサスペンデッドとなった第2ラウンド(R)の途中から再開された。36ホールの短縮競技となった中、原英莉花(日本通運)は通算4アンダーで首位と5打差の6位。大里桃子(伊藤園)が9アンダーでツアー通算2勝目を挙げた。

通算4アンダーで首位と5打差の6位となった原英莉花【写真:Getty Images】
通算4アンダーで首位と5打差の6位となった原英莉花【写真:Getty Images】

ほけんの窓口レディース最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・ほけんの窓口レディース最終日は16日、福岡CC和白C(6335ヤード、パー72)で悪天候によりサスペンデッドとなった第2ラウンド(R)の途中から再開された。36ホールの短縮競技となった中、原英莉花(日本通運)は通算4アンダーで首位と5打差の6位。大里桃子(伊藤園)が9アンダーでツアー通算2勝目を挙げた。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 第1Rは3打差7位で終えた原は、15日の第2Rで3連続バーディー発進。しかし、悪天候でサスペンデッドとなった。流れを切られたこの日は4番第3打から再開したが、いきなり3連続ボギー。8番でも1つ落とした。それでも、後半は10、18番のバーディーで盛り返し、6位フィニッシュ。ラウンド後はこうコメントした。

「再開後の残していたショットは凄く難しかったので、自分の中でいいスイングしたのですが、再開前のパッティンググリーンは人がいっぱいで。雨も降っていてグリーンも重いことは分かっていましたけど、アプローチで思ったよりツーンと前に行ってしまった。微妙なパットを外してから流れが悪くなってしまいましたね。48度ウェッジが自分の中で気になっていて、それを使ったホールで大怪我に繋がった。ゴルフは本当に流れのスポーツだな、と痛感しました」

 昨年は10月に日本女子オープン、11月にJLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップを制し、国内メジャー2連勝。3連勝のかかった前週は54位だった。最終日の後に師匠の尾崎将司を訪問。スイングをチェックしてもらい、復調の手応えを掴んでいた。「後半のプレーは次週に繋がるか」の問いに「まだまだ調整する部分が多い。沈んでいたところを上っていく途中だと思えばいいので、前を向いて頑張っていきたいです」と先を見据えた。

 今大会は、ギャラリーのウェブ投票でベストスマイル賞(30万円)&ベストドレッサー賞(20万円)が決定。西村優菜(スターツ)がベストスマイル賞を獲得し、原はベストドレッサー賞に輝いた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集