[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、シーズンでのリアル二刀流起用はあるか? 指揮官が言及「全ては健康次第」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、アリゾナ州ピオリアで行われたパドレスとのオープン戦で「1番・投手」で先発し、打撃ではマルチ安打を記録。投げては渡米後最速の101.9マイル(約164キロ)を計測するなど4回2安打1失点5奪三振と好投した。リアル二刀流の役割を完璧にこなした大谷について、マドン監督は今後の起用法について言及している。米地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」が報じている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

マドン監督の願望は? 「全ては健康次第で、彼を出場させ続けたい」

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、アリゾナ州ピオリアで行われたパドレスとのオープン戦で「1番・投手」で先発し、打撃ではマルチ安打を記録。投げては渡米後最速の101.9マイル(約164キロ)を計測するなど4回2安打1失点5奪三振と好投した。リアル二刀流の役割を完璧にこなした大谷について、マドン監督は今後の起用法について言及している。米地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」が報じている。

【特集】心を一つにつかんだ銀メダル 栄光に続くチームビルディングとは / バスケットボール・髙田真希選手インタビュー(GROWINGへ)

 リードオフマンとして、そしてスターターとして、大谷は高いレベルでやってのけた。今後の起用の幅が大きく広がる結果となったが、試合後に指揮官は出場プランについてこう語っている。

「全ては健康次第で、彼を出場させ続けたい」と願望を口にし、さらに「しかし打者と投手の両方でエリートレベルを見るだろう」と続けた。

 この日、文字通りの二人一役をこなした大谷だが、昨季はマドン監督にももどかしさがあったようだ。「昨季、彼が本塁打を打っていても、『う~ん』という感じだった」と話、「打席では常に懸念があった。そして投手として、私は現在のように安定した腕の振りができるようになるかすら、分からなかった。現在の彼の体の動きこそ、今私が楽観的である理由だ。昨季見たものとは全く違うよ」と続けた。昨季とはまるで違う姿に安堵しているようだ。

 今後もリアル二刀流での出場はあり得るのか。指揮官は「彼(大谷)は全てを考慮している」と前置きしつつ、「彼は、(将来のことを含めた)全体像を考えられる、賢い選手だと思う。彼は現在だけでなく、将来のことも考えている」とコメントしている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集