[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「サーンシン!」 大谷翔平、“370億円男”斬りに現地実況席から日本語飛び出す

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、アリゾナ州ピオリアで行われたパドレスとのオープン戦で「1番・投手」で先発出場し、打撃ではマルチ安打を記録。投げては渡米後最速の101.9マイル(約164キロ)を計測するなど4回2安打1失点5奪三振と好投した。初回にタティスJr.からスプリットで三振を奪ったシーンで、現地実況席では「サーンシン!」と日本語で興奮気味に絶叫。実際の映像をエンゼルスの公式ツイッターが公開している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

タティスJr.を打ち取った1球に現地実況席「素晴らしいスプリットです」

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、アリゾナ州ピオリアで行われたパドレスとのオープン戦で「1番・投手」で先発出場し、打撃ではマルチ安打を記録。投げては渡米後最速の101.9マイル(約164キロ)を計測するなど4回2安打1失点5奪三振と好投した。初回にタティスJr.からスプリットで三振を奪ったシーンで、現地実況席では「サーンシン!」と日本語で興奮気味に絶叫。実際の映像をエンゼルスの公式ツイッターが公開している。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 初回、無死三塁のピンチで迎えたのは強打者タティスJr.。14年総額3億4000万ドル(約370億円)という超大型契約を結ぶ22歳に対して、フルカウントから絶妙なコースに沈むスプリットを投じるとバットは空を切った。

 注目対決を現地の実況席はこう伝えていた。

「これは見ごたえのある対戦です」(解説)

「先ほどのスネル対トラウトのように良いバトルですね」(実況)

「振らせた! サーンシン! ストライクアウト」(実況)

「素晴らしいスプリットです」(解説)

 大谷がスプリットで仕留めた際に思わず飛び出した日本語での「サーンシン!」。大谷と実況席と言えば、ビクター・ロハス氏の「ビッグフライ、オオタニサン」が有名。ロハス氏は実況を降板することになったが、「サーンシン!」が新たな名調子として根付くかもしれない?

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集