[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥VSカシメロを「見たい」 WBO会長が3団体統一戦実現へ、異例の“後押し”

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。“聖地”ラスベガスデビュー戦は新型コロナウイルスの影響で無観客で行われ、WBAは4度目(正規王座の記録を含む)、IBFは2度目の防衛成功。井上の戦績は20勝、マロニーは21勝2敗となった。試合後、WBOのフランシスコ・バルカルセル会長は「カシメロ戦が見たい」と統一戦実現を希望している。

7回KO勝ちを収めた井上尚弥【写真:Getty Images】
7回KO勝ちを収めた井上尚弥【写真:Getty Images】

WBO会長が切望、カシメロプロモーターらにアピール

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。“聖地”ラスベガスデビュー戦は新型コロナウイルスの影響で無観客で行われ、WBAは4度目(正規王座の記録を含む)、IBFは2度目の防衛成功。井上の戦績は20勝、マロニーは21勝2敗となった。試合後、WBOのフランシスコ・バルカルセル会長は「カシメロ戦が見たい」と統一戦実現を希望している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 まさにハロウィンにラスベガスに上陸したモンスターだった。井上は6回、カウンターで強烈な左フックを顎に着弾。尻もちをつかせてこの日最初のダウンを奪うと、7回にはカウンターで右ストレートを一閃。膝から崩れ落ちたマロニーは立ち上がることができなかった。

 圧巻の勝利直後に、WBOのバルカルセル会長はツイッターで「カシメロ対イノウエ戦を見たい」と記した。4月25日に開催予定だったWBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦。新型コロナウイルスの感染拡大で延期となった末、結局は実現しなかった。

 さらに同会長は文面にカシメロのプロモーターを務めるショーン・ギボンズ氏、米スポーツ専門局「ESPN」のダン・ラファエル記者、米専門メディア「ボクシングシーン.com」のジェイク・ドノバン記者、米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のマイク・コッピンガー記者などのアカウントをタグ付け。実現をアピールしているようだ。

 カシメロ陣営は執拗に挑発する中、9月に防衛戦を実施。井上はこの日の試合後のインタビューで「(今後の)計画としては、次はドネアとウーバーリ。WBOのカシメロもいる。どの選手もターゲットなので相手として考えている」と意思表示。統括団体のトップが切望した3団体統一戦実現が期待される。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集