[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥の右カウンターは「雷鳴のよう」 豪メディア絶賛「マロニーは凌駕された」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。マロニーの母国オーストラリアメディアは挑戦者の闘いぶりを「全てを出し尽くした」と評価する一方で、防衛に成功したモンスターのキラーブローを「雷鳴のような右」と絶賛している。

7回KO勝ちを収めた井上尚弥【写真:Getty Images】
7回KO勝ちを収めた井上尚弥【写真:Getty Images】

豪メディアがレポート「マロニーは全てを出し尽くしたが…」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。マロニーの母国オーストラリアメディアは挑戦者の闘いぶりを「全てを出し尽くした」と評価する一方で、防衛に成功したモンスターのキラーブローを「雷鳴のような右」と絶賛している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 完璧なタイミングのカウンターだった。7回、右ストレート一閃。鮮やかにマロニーの顔面を打ち抜いた。崩れ落ち、立ち上がれないマロニーはそのまま初のKO負けを喫した。

 見事な一撃に敵地オージーメディアも脱帽している。米誌「スポルティングニュース」のオーストラリア版もこの一戦を特集。「この惑星でパウンド・フォー・パウンド最強の1人であるイノウエはマロニーの手に余る存在だった。6回にダウンを奪い、7回に雷鳴のような右で仕留めた」と伝えている。

 一方で「マロニーは全てを出し尽くしたが、イノウエという信じられないほど才能に恵まれたファイターに圧倒され、凌駕された」と記事では怯まずに前に出た、マロニーのガッツを称えながら、井上の圧倒的な強さに白旗を上げていた。

 これまでの戦いでは左のボディーが注目されることが多かったが、今回はタフガイを仕留めた“雷鳴の右”にも注目が集まっている。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集