[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

陸連がMGCシリーズ総括、敗れた選手も称賛 瀬古利彦氏「凄いメンバーに繋がった」

残り1枠の東京五輪代表切符を争う名古屋ウィメンズマラソンが8日、ナゴヤドーム発着の42.195キロで行われ、一山麻緒(ワコール)が2時間20分29秒で初優勝。1月の大阪国際で松田瑞生(ダイハツ)が記録した2時間21分47秒を上回り、東京五輪女子マラソン最後の代表に内定した。2013年の木崎良子(ダイハツ)以来、7年ぶりとなる日本人優勝。タイムは日本人歴代4位。2003年の大阪国際で野口みずき(グローバリー)が記録した2時間21分18秒を上回り、同国内最高記録となった。

高いレベルでの五輪メンバーの選考となったことに手応えを口にした瀬古利彦氏【写真:石渡史暁】
高いレベルでの五輪メンバーの選考となったことに手応えを口にした瀬古利彦氏【写真:石渡史暁】

名古屋ウィメンズ、びわ湖毎日の結果により、男女の五輪代表6選手が確定

 残り1枠の東京五輪代表切符を争う名古屋ウィメンズマラソンが8日、ナゴヤドーム発着の42.195キロで行われ、一山麻緒(ワコール)が2時間20分29秒で初優勝。1月の大阪国際で松田瑞生(ダイハツ)が記録した2時間21分47秒を上回り、東京五輪女子マラソン最後の代表に内定した。2013年の木崎良子(ダイハツ)以来、7年ぶりとなる日本人優勝。タイムは日本人歴代4位。2003年の大阪国際で野口みずき(グローバリー)が記録した2時間21分18秒を上回り、同国内最高記録となった。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 一山が最後の1枠を掴み、女子マラソンの東京五輪代表は前田穂南(天満屋)と鈴木亜由子(日本郵政グループ)を含め3人が決定。男子もこの日行われたびわ湖毎日マラソンの結果を受け、中村匠吾(富士通)、服部勇馬(トヨタ自動車)、1日の東京マラソンで日本新記録を出した大迫傑(ナイキ)に決まった。

 男子は前日本記録保持者の設楽悠太(ホンダ)、昨夏のアジア大会王者・井上大仁(MHPS)らが代表落ちするハイレベルな結果に。瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは「大迫君を筆頭に、いいメンバーがそろった。3人だけでなく、設楽君、井上君も、一つ間違えば(代表の)3人が負けたかもしれない。高いレベルの選手がたくさんいたことが、今回の凄いメンバーにつながったと思う」と敗れた選手へ称賛を送った。

 1日の東京マラソンでは、男子の高久龍(ヤクルト)、上門大祐(大塚製薬)が2時間6分台を出すなど、好記録を出すランナーが続出。河野匡・強化委員会長距離マラソンディレクターは「男子はMGCシリーズ含めて2時間6分台の選手が4名、オリンピック行けないのはどうなのかなんですかね……。すごいことなのかなと思います。女子も2時間21分、22分の選手が代表になれない、ケニアやエチオピアを除けば、そんな国はないという思い」と選手間の激しい競争を称えた。

 男女ともに激しい競争の末、それぞれ代表3選手が決定。マラソン界は切磋琢磨の好循環にあると感じている。瀬古リーダーが「ライバルがいないと、競技レベルは上がっていかない。もっともっと高いレベルでやっていきたい」と話せば、河野ディレクターも「結果を出した瞬間に満足してしまうような流れにはしたくない。大きな舞台、プレッシャーのかかる舞台で発揮できる選手が増えることを望みたい」とさらなるレベルアップを望んでいた。

(THE ANSWER編集部・宮内 宏哉 / Hiroya Miyauchi)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集