[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「2日連続で悪いはずがない」 勝利の鍵は松山 PGA公式サイトが難敵との対戦を予想

2年に一度行われる米国選抜と世界選抜による男子ゴルフの団体対抗戦、プレジデンツカップ(リバティ・ナショナルGC)は29日(日本時間30日)に2日目が行われる。世界選抜として3回目の出場となった松山英樹(レクサス)は、初出場のアダム・ハドウィン(カナダ)とコンビを組み、第1試合で米国のジョーダン・スピース、パトリック・リード組と対戦予定。PGAツアーは公式サイトで2日目のプレビューを掲載し、世界選抜が勝つシナリオの鍵として「マツヤマの調子が2日連続で悪いはずがない」と分析している。

初日に“先鋒”として戦うも完敗…2日目はハドウィンとのコンビで第1試合に登場

 2年に一度行われる米国選抜と世界選抜による男子ゴルフの団体対抗戦、プレジデンツカップ(リバティ・ナショナルGC)は29日(日本時間30日)に2日目が行われる。世界選抜として3回目の出場となった松山英樹(レクサス)は、初出場のアダム・ハドウィン(カナダ)とコンビを組み、第1試合で米国のジョーダン・スピース、パトリック・リード組と対戦予定。PGAツアーは公式サイトで2日目のプレビューを掲載し、世界選抜が勝つシナリオの鍵として「マツヤマの調子が2日連続で悪いはずがない」と分析している。

 ペアで1つのボールを交互に打つ「フォアサムマッチプレー」での戦いとなった初日。世界選抜は1勝1分3敗で、米国選抜に1.5-3.5と2ポイントのリードを許す苦しいスタートとなった。松山はシャール・シュワルツェル(南アフリカ)とのコンビで“先鋒”として登場したが、リッキー・ファウラーと今季年間王者ジャスティン・トーマスを相手に6&4(4ホールを残して6ダウン)と完敗を喫した。

 ポイント制による団体戦とはいえ、世界選抜は巻き返しが不可欠。2日目は各選手が個人のボールを打ち、1ホールごとにペアで良い方のスコアを採用する「フォアボール形式」で行われるが、松山とハドウィンが第1試合で相見えるのは、米国選抜と欧州選抜による団体対抗戦のライダーカップでもタッグを組んでいるスピース&リードという難敵だ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集