[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ワイルダー、まさかの敗因は“甲冑風入場衣装” 総重量18kg…「とても重かった」

ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチで元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)に7回1分39秒TKO負けを喫した王者デオンテイ・ワイルダー(米国)。引き分けに終わった2018年12月以来の“世紀の再戦”に敗れ、44戦目でプロ初黒星となった。足が止まり、いつものような強打が見られなかったワイルダー。まさかの敗因に入場時の重すぎるコスチュームを挙げている。

デオンテイ・ワイルダー(右)の敗因は入場時のコスチューム?【写真:AP】
デオンテイ・ワイルダー(右)の敗因は入場時のコスチューム?【写真:AP】

足が動かなかったのは、入場時のコスチュームが原因

 ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチで元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)に7回1分39秒TKO負けを喫した王者デオンテイ・ワイルダー(米国)。引き分けに終わった2018年12月以来の“世紀の再戦”に敗れ、44戦目でプロ初黒星となった。足が止まり、いつものような強打が見られなかったワイルダー。まさかの敗因に入場時の重すぎるコスチュームを挙げている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 リングに上がる前に勝敗は決まっていたのかもしれない。英公共放送BBCは「フューリー戦に臨んだワイルダーは自らの登場コスチュームを非難した」と題した記事で、ワイルダーのまさかの敗戦の弁を伝えている。

 まるで甲冑のようなド派手な衣装をまとい、さらに王冠つきのフルフェイスのヘルメットのようなものまで着用している。世紀の再戦の盛り上げに一役買ったのは間違いないが、実はこれが体にダメージを与えていたという。

 記事では「34歳の米国人は自らのコスチュームが重すぎたと話し、結果として試合では足が機能しなかった」と伝え、さらにワイルダーはこう話しているという。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集