[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、自身最長の46分間出場で12得点 一時は20点差大逆転も…後半戦3連敗

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズは24日(日本時間25日)、本拠地でバックスと対戦。現在リーグ勝率1位の相手に延長戦の末に134-137で敗北。オールスター明け後半戦3連敗となった。怪我からの復帰以降、8試合連続スタメン出場となった八村塁は自身最長となる46分間のプレーで、3試合連続での2桁得点となる12得点、4リバウンド、2アシストを記録した。

ウィザーズの八村塁(中央左)はバックスのヤニス・アデトクンボ(同右)と今季初めてマッチアップした【写真:AP】
ウィザーズの八村塁(中央左)はバックスのヤニス・アデトクンボ(同右)と今季初めてマッチアップした【写真:AP】

復帰以降8試合連続スタメン出場

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズは24日(日本時間25日)、本拠地でバックスと対戦。現在リーグ勝率1位の相手に延長戦の末に134-137で敗北。オールスター明け後半戦3連敗となった。怪我からの復帰以降、8試合連続スタメン出場となった八村塁は自身最長となる46分間のプレーで、3試合連続での2桁得点となる12得点、4リバウンド、2アシストを記録した。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール「3×3」・渡邉拓馬インタビュー(GROWINGへ)

 昨季MVPのヤニス・アデトクンボと今季初めてマッチアップした八村。フィジカルなプレーに対してもディフェンス面でしっかりと脚を動かして対応。さらに昨年のFIBAワールドカップでも対峙したアーサン・イリヤソバとのマッチアップでも、粘り強いディフェンスでターンオーバーを誘発した。しかし攻撃面では2本シュートを放つも成功させられず、今季4試合目の第1クォーター(Q)無得点で残り2分34秒にベンチへ下がった。

 第2Q残り10分31秒にコートへ戻った八村は、残り9分30秒に左手でこの日初めての得点を記録。ディフェンスでもアデトクンボに対してフィジカル負けせず、脚を動かし続けてシュートを打たせない。残り4分36秒には、シャバズ・ネイピアーのレイアップのこぼれを押し込み、チームを勢いに乗せる。下位チーム相手に連敗中のウィザーズは、バックスの強力オフェンスに対して、全員が気持ちの入ったディフェンスを見せて接戦を展開。14のターンオーバーを誘発するなど健闘したが、リードを奪うとまではいかず。47-57とビハインドを背負って試合を折り返した。

 八村は第3Qもスタートからプレー。このクォーターでも粘り強いディフェンスで相手に簡単なシュートを打たせなかった八村は、フリースロー2本を決めてこの日6得点とした。残り2分51秒にネイピアーとの交代でベンチへ下がった。

 第4Qもスタートからコートに立った八村。残り9分3秒でシュートを決めるなど、得点を伸ばした。するとこのQでじりじりと追い上げるウィザーズ。残り1分23秒にビールの3ポイントで同点とすると、残り1分1秒で勝ち越し。最大の20点のビハインドを跳ね返して、逆転に成功した。最後のポゼッションで八村がカットからゴール下でパスを受け、レイアップで得点を狙うもロビン・ロペスのブロックに合い得点ならず。試合はオーバータイム(OT)へと突入した。

 OTでは先行されるも、八村が3ポイントを沈めて逆転。会場からは大歓声が上がる。しかしこの後は一進一退の攻防の末に敗れ後半戦3連敗となった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集