[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「イノウエなんて恐れていない」 カシメロ自信の源は強打「俺のパンチのほうが強力」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行う。カシメロは5日に母国で会見。井上に対して「俺はイノウエのことなんて恐れていない」「俺のほうが強力なパンチが出せる」と自信満々に言い放っている。

井上尚弥(左)とジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】
井上尚弥(左)とジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】

5日に母国で会見したカシメロ、井上相手に自信満々「俺は誰とでも戦える」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行う。カシメロは5日に母国で会見。井上に対して「俺はイノウエのことなんて恐れていない」「俺のほうが強力なパンチが出せる」と自信満々に言い放っている。

【PR】2020年の目標はインカレ総合2連覇 中央大学自転車競技部が選んだ“パートナー”とは

 井上の等身大パネルを持ち出して会見に臨んだカシメロ。WBOのベルトを肩にかけてニヤニヤと笑っている。そして、左腕を井上の肩に堂々とかけ、自信たっぷりの様子を覗かせている。

 会見での不敵な発言を伝えているのは、米専門メディア「ボクシングニュース24」だ。記事によると、カシメロは「俺はナオヤ・イノウエのことなんて恐れていない」と切り出し、さらに「俺は118ポンドで1番の強力なパンチの持ち主であると思っている。イノウエも衝撃的なパンチを持っていて、俺はそれに対して慎重になるべきだと思っている。しかし、俺の方が強力なパンチが出せると信じている」と19戦全勝で16KOとKOの山を築いてきた井上を上回るパンチ力に自信を覗かせていたという。

 3階級制覇を成し遂げた実力は確かなものを持つカシメロは、続けて「俺はアイツを恐れてなんかいない。この階級にいるヤツ全員だ。俺は誰とでも戦える。なぜなら俺が118ポンドで最強であると考えているからだ。イノウエに対してのゲームプランだが、まだ練っている最中だ。テテに対しては準備を周到にした。だけどそのプランはテテに対してだけの話だ」と言いたい放題だった。

 井上も「本当にフィリピン人らしい荒々しさを持った野性味あふれる選手。危険なハードパンチを持っている」と警戒するカシメロ。正式決定前から再三挑発を繰り返していたが、自身のパンチには絶大な自信をもっているようだ。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集