[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥に3年ぶり「年間3試合」計画 年内4団体統一へ、大橋会長「ケガがなければ」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日、都内で会見し、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスのマンダレイ・ベイ・リゾート&カジノでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行うことを正式発表した。3団体統一戦に臨むのは日本人初。陣営の大橋秀行会長は3年ぶりとなる年間3試合の青写真を明かした。

3年ぶりの年間3試合を計画している井上尚弥【写真:小倉元司】
3年ぶりの年間3試合を計画している井上尚弥【写真:小倉元司】

「4・25」、今秋、年末の3試合が理想? 年内に4団体統一なるか

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日、都内で会見し、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスのマンダレイ・ベイ・リゾート&カジノでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行うことを正式発表した。3団体統一戦に臨むのは日本人初。陣営の大橋秀行会長は3年ぶりとなる年間3試合の青写真を明かした。

【PR】20校中14校で採用 新春の駅伝で大流行していたボディメンテ ゼリーって?

 今年はモンスターの試合を3度見られるかもしれない。カシメロ戦は、11月7日に行われたワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝のノニト・ドネア(フィリピン)戦から約5か月半後の試合。試合間隔について、大橋会長は「ケガもあったのでちょうどいい」と語った。右目眼下底と鼻骨を骨折したが、休養は十分。井上も「試合が終わってから全ての経過観察は行い、異常はなかったのでいつも通り進めていきたい。(ケガは)全く問題ないです。怖さも全然ないです」と強調した。

 井上は2014年4月の世界初挑戦以降、拳の負傷中だった15年を除き14、16、17年に3試合ずつ開催。18年は5月にバンタム級転向初戦、10月にWBSS初戦となり2試合だった。19年は5月の準決勝、11月の決勝の2試合にとどまり、試合間隔が空いた。

 マッチメイクなど障壁はあるものの、大橋会長は今年の試合数について「ケガがなければ3回になるのかな」と言及。米興行大手・トップランク社とプロモート契約を結び、直近ではカシメロ戦を含めて2試合を米国開催の予定としている。順調なら今秋に2試合目を行い、年末に日本で3戦目を開催できるかもしれない。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集