[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

アテネ五輪代表、伊藤友広氏が「東北『夢』応援プログラム」で本当に伝えたかったこと

アテネ五輪の陸上1600メートルリレー代表で4位に入賞した伊藤友広氏が18日、岩手・宮古市の宮古運動公園陸上競技場で行われた「東北『夢』応援プログラム」に出演した。昨年4月に始まったかけっこ指導。1年間、動画による遠隔指導を利用し、取り組んできた成果発表が行われ、伊藤氏は子供たちの成長ぶりに目を細めた。

アテネ五輪の陸上1600メートルリレー代表で4位に入賞した伊藤友広氏【写真:村上正広】
アテネ五輪の陸上1600メートルリレー代表で4位に入賞した伊藤友広氏【写真:村上正広】

タイムよりも大事なもの… 元五輪スプリンターが東北の子たちに伝えたかったこと

 アテネ五輪の陸上1600メートルリレー代表で4位に入賞した伊藤友広氏が18日、岩手・宮古市の宮古運動公園陸上競技場で行われた「東北『夢』応援プログラム」に出演した。昨年4月に始まったかけっこ指導。1年間、動画による遠隔指導を利用し、取り組んできた成果発表が行われ、伊藤氏は子供たちの成長ぶりに目を細めた。

 寒風吹きすさぶ、宮古の陸上競技場に子供たちの元気いっぱいの声が響いた。気温0度に迫る中で、それを吹き飛ばす熱気で満ち溢れた。その中心にいたのがコーチ役の伊藤氏だ。

「夢応援マイスター」の伊藤氏は、昨年4月から1年間、遠隔指導ツールの「スマートコーチ」を活用し、技術指導を重ねてきた。その成果発表の日がこの日だ。毎月オンライン上でやり取りし、指導を受けてきた子供たちからも、微かな緊張感が漂ってきた。

「みんな一生懸命頑張ってくれたと思います。陸上の良いところは持ちタイムが縮むこともそうですが、動きが良くなったり、今の自分の成長を感じられるところ。いつも通りにやって、これまでの成果を出してください」

 伊藤氏の開会宣言でクリニックがスタートした。普段は学校の校庭を使っての練習だが、この日は本格的な陸上競技場のトラックを使用できるとあって、同氏は特別なプログラムを組んだ。「スタートブロック」を使用してのスタートの練習や、「運動会のリレーでも使えると思うので」とバトンを使用して、本格的なバトンパスの練習も取り入れた。

約2時間のクリニックで、伊藤氏の指導にも熱が入った【写真:村上正広】
約2時間のクリニックで、伊藤氏の指導にも熱が入った【写真:村上正広】

1年間の成果発表、50メートル走のタイムが1秒以上縮まった生徒も

 約2時間のクリニック。伊藤氏の指導にも熱が入った。手取り足取り、一人一人に丁寧にアドバイスを送った。また目立ったのは「上手だね!」「いいね!」「素晴らしい!」など子供たちをほめる言葉だ。そして子供たちも応え、この日のわずかな時間の中でも、また成長していった。

 400メートルのトラックをフルに使ってのリレーが行われた。参加した小学校2~6年生、計32人が8人ずつ4組に分かれてのリレー。先ほど教わったばかりのバトンパスの成果を実践する場だったが、1人50メートルずつ走ってのバトンリレー競争となれば一気に白熱する。抜きつ抜かれつの攻防が繰り広げられ、その光景を伊藤氏は暖かいまなざしで見守った。

 最後は50メートル走のタイム測定だ。遠隔始動を受けた7人の中で、田中結音さん(6年)が7秒88を記録するなど7秒台をマークした生徒が2人。そして1年前の指導開始時は9秒3だった古屋生吹くん(5年)は8秒04と、1秒26もタイムを縮めた。その他の生徒も全員がタイムを短縮することに成功。子どもたちの満面の笑顔に、伊藤氏も「よく頑張ったと思います」と思わず目を細めた。

 タイムはもちろんだが、何よりも大きいのは自信が得られたことだ。伊藤氏は「足が速くなるということを目指す中で、自分が決めたものをクリアしていく。こっちはその手助けとなる材料を提供するだけ。乗り越えていく喜びは大きいと思います」と強調。結果よりも、そこに至る過程を経験したことに何よりも価値があるという。

閉会式の後には、全員での記念撮影も【写真:村上正広】
閉会式の後には、全員での記念撮影も【写真:村上正広】

価値があるのは“タイム”よりも“自信”、伊藤氏の望みは「頑張れる人間になって欲しい」

 閉会式の後には、全員での記念撮影。そして最後のセレモニーとして、指導を受けてきた7人は1年を振り返って、伊藤氏にこれまでの成果を一人ずつ報告した。「スタートダッシュがうまくなった」「タイムを縮めることができた」「最後まで全力で走ることができるようになりました」「伊藤先生に教えてもらったことをこれからも生かしていきたい」と生徒たちは充実感いっぱいの表情を浮かべていた。

 そして新たなスタートも決まった。2018年度の遠隔指導を受ける生徒たちは期待に胸を膨らませ、「将来の目標」「1年後の目標」などを。中には2年連続での指導を希望した生徒もいた。

 “伊藤塾”を卒業していく子、そして新たな指導に心を躍らせる子――、そんな宮古の少年少女へ向けて、伊藤氏はエールを送った。

「自分の中で試行錯誤を繰り返して、改善していく。こうすれば良くなっていくんだということを感じてほしい。そして陸上以外でも頑張れる“人間”になって欲しいですね」。一流アスリートからの指導というかけがえのない体験を経て、陸上選手として、人間として、一回り大きくなったに違いない。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集