[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

タイムよりも大事なもの… 元五輪スプリンターが東北の子たちに伝えたかったこと

アテネ五輪の陸上1600メートルリレー代表で4位に入賞した伊藤友広氏が18日、岩手・宮古市の宮古運動公園陸上競技場で行われた「東北『夢』応援プログラム」に出演した。昨年4月に始まったかけっこ指導。1年間、動画による遠隔指導を利用し、取り組んできた成果発表が行われ、伊藤氏は子供たちの成長ぶりに目を細めた。

アテネ五輪の陸上1600メートルリレー代表で4位に入賞した伊藤友広氏【写真:村上正広】
アテネ五輪の陸上1600メートルリレー代表で4位に入賞した伊藤友広氏【写真:村上正広】

アテネ五輪代表、伊藤友広氏が「東北『夢』応援プログラム」で本当に伝えたかったこととは?

 アテネ五輪の陸上1600メートルリレー代表で4位に入賞した伊藤友広氏が18日、岩手・宮古市の宮古運動公園陸上競技場で行われた「東北『夢』応援プログラム」に出演した。昨年4月に始まったかけっこ指導。1年間、動画による遠隔指導を利用し、取り組んできた成果発表が行われ、伊藤氏は子供たちの成長ぶりに目を細めた。

 寒風吹きすさぶ、宮古の陸上競技場に子供たちの元気いっぱいの声が響いた。気温0度に迫る中で、それを吹き飛ばす熱気で満ち溢れた。その中心にいたのがコーチ役の伊藤氏だ。

「夢応援マイスター」の伊藤氏は、昨年4月から1年間、遠隔指導ツールの「スマートコーチ」を活用し、技術指導を重ねてきた。その成果発表の日がこの日だ。毎月オンライン上でやり取りし、指導を受けてきた子供たちからも、微かな緊張感が漂ってきた。

「みんな一生懸命頑張ってくれたと思います。陸上の良いところは持ちタイムが縮むこともそうですが、動きが良くなったり、今の自分の成長を感じられるところ。いつも通りにやって、これまでの成果を出してください」

 伊藤氏の開会宣言でクリニックがスタートした。普段は学校の校庭を使っての練習だが、この日は本格的な陸上競技場のトラックを使用できるとあって、同氏は特別なプログラムを組んだ。「スタートブロック」を使用してのスタートの練習や、「運動会のリレーでも使えると思うので」とバトンを使用して、本格的なバトンパスの練習も取り入れた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集