[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大坂なおみ、完敗カサトキナは“心の強さ”に脱帽「だから、こういう結果になった」

大坂なおみ、完敗カサトキナは“心の強さ”に脱帽「だから、こういう結果になった」

テニスのBNPパリバ・オープン(インディアンウェルズ)は18日(日本時間19日)、世界ランク44位・大坂なおみ(日清食品)が同19位のダリア・カサトキナ(ロシア)に6-3、6-2でストレート勝ち。悲願のツアー初優勝を飾った。大坂と同じ20歳の技巧派カサキトナは「本当に勝利にふさわしい」と好敵手を素直に称える一方、大坂の修正力と冷静沈着さが勝敗を分けたと分析している。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

ダリア・カサトキナ、大坂なおみ【写真:Getty Images】
ダリア・カサトキナ、大坂なおみ【写真:Getty Images】

70分でストレート負け、大坂の修正力と冷静さに賛辞「私よりずっと良かった」

 テニスのBNPパリバ・オープン(インディアンウェルズ)は18日(日本時間19日)、世界ランク44位・大坂なおみ(日清食品)が同19位のダリア・カサトキナ(ロシア)に6-3、6-2でストレート勝ち。悲願のツアー初優勝を飾った。大坂と同じ20歳の技巧派カサキトナは「本当に勝利にふさわしい」と好敵手を素直に称える一方、大坂の修正力と冷静沈着さが勝敗を分けたと分析している。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 パワーの大坂とテクニックのカサトキナ――。女子テニス界新世代のヒロイン同士の激突で注目された一戦は、よもやのワンサイドゲームとなった。

 ノーシードで勝ち上がった大坂は強烈なサービスとストロークを生かし、わずか70分でストレート勝ち。記事ではノーシードでの大会優勝は05年の元世界ランク1位キム・クライシュテルス(ベルギー)以来となったことを紹介している。

 記事によると、最初のサービスゲームをいきなりブレークされる不安な立ち上がりとなった大坂は、試合後の記者会見で「私は極度に重圧を感じていて、究極的に緊張していた。私のプランはとても落ち着いているように装うことでした」と語ったという。

 さらに「彼女(カサトキナ)も全てのポイントで戦いにくることはわかっていた。緊張でポイントを失うわけにはいかない展開だった。自分は正しい判断を続けなければいけなかった」と大坂は勝負の鍵となったマインドゲームについて明かしていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー