[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、笑撃の「史上最悪スピーチ」に海外ファン喝采「逆でしょ、史上最高!」

テニスのBNPパリバ・オープン(インディアンウェルズ)は18日(日本時間19日)、女子シングルス決勝で世界ランク44位・大坂なおみ(日清食品)が同19位のダリア・カサトキナ(ロシア)に6-3、6-2でストレート勝ち。悲願のツアー初優勝を飾った。優勝スピーチでは天真爛漫なナオミ節ぶりが炸裂。段取りをすっかり忘れ、「史上最悪のスピーチかも」と自虐発言も飛び出した130秒の“笑撃スピーチ”をWTA公式ツイッターは動画付きで紹介。海外ファンは「逆でしょ、史上最高!」「愛さずにいられない!」と喝采を送っている。

大坂なおみ【写真:Getty Images】
大坂なおみ【写真:Getty Images】

本人は「史上最悪」も…130秒の「笑撃スピーチ」に称賛「愛さずにいられない!」

 テニスのBNPパリバ・オープン(インディアンウェルズ)は18日(日本時間19日)、女子シングルス決勝で世界ランク44位・大坂なおみ(日清食品)が同19位のダリア・カサトキナ(ロシア)に6-3、6-2でストレート勝ち。悲願のツアー初優勝を飾った。優勝スピーチでは天真爛漫なナオミ節ぶりが炸裂。段取りをすっかり忘れ、「史上最悪のスピーチかも」と自虐発言も飛び出した130秒の“笑撃スピーチ”をWTA公式ツイッターは動画付きで紹介。海外ファンは「逆でしょ、史上最高!」「愛さずにいられない!」と喝采を送っている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 インディアンウェルズを席巻したナオミ旋風は、試合後まで強烈だった。優勝スピーチの晴れ舞台。パワフルなテニスでキャリア初Vまでたどり着いた大坂は、最後まで“自分らしさ”を失わなかった。

「ハロー、私はナオミです。OK、気にしないで」――。

 冒頭から「ハロー」の第一声で、自己紹介する珍しい展開に騒つく観衆。何よりも、慣れないスピーチにうろたえ、大坂自身が誰よりも笑っていた。トーナメントディレクターらに感謝の気持ちを表明したが、真っ先に称えるべき相手を失念していたことに、すぐに気づいた。「しまった。ごめんなさい。私はダーシャ(カサトキナの愛称)にも感謝したいです」。後ろに立っていた対戦相手を振り返り、慌てて称え始める急転換ぶりに、カサトキナも思わず笑い出してしまった。

「スーパーナイスで本当にクールな対戦選手でいてくれて。今後、何回も決勝で対戦できることを本当に確信しています。そう願っています」と軌道修正に成功。「ダーシャのチームにも感謝しています。なぜなら、スーパーナイスだったからです。おめでとう」と続けた。その様子を大坂のベイジンコーチは固まった表情で、ただただ心配そうに見つめていた。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集