[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

引退→ITエンジニア転職は「逆に面白い」 J1札幌元エース、今歩む前例なき第二の人生

2016年のJ2第41節のジェフ千葉戦、後半アディショナルタイムで劇的なVゴールを決めた内村さん【写真:(C)2016CONSADOLE】
2016年のJ2第41節のジェフ千葉戦、後半アディショナルタイムで劇的なVゴールを決めた内村さん【写真:(C)2016CONSADOLE】

選んだ人はゼロ、「逆に面白い」と思ったIT企業への転職

 セカンドキャリアについては「デビュー時から考えていた」と明かす。怪我と隣り合わせの職業。選手としていつ終わりが来てもおかしくないからだ。晩年は両足首の慢性的な痛みをごまかしきれなくなっていた。

 2019年11月に戦力外通告を受け、将来を考えてチャレンジを決めたのがIT業界だった。しかもエンジニア職。Jリーガーでは前例がないに等しい。なぜ、異例の道を選んだのだろうか。

「引退すると、やはりサッカー界に残る人が多いですし、『サッカーしかないよね』に近い雰囲気が確かにあります。自分としては住む場所も決められて、お金も稼げて、スキルも上げられることが希望。やりたいこともたくさんあって、コーチよりIT業界に進んだほうが、叶えられる可能性は高いかなと判断しました」

 FC今治でプレーした最終年、内村さんは家族と離れて単身赴任していた。引退後は家族と一緒に暮らしながらサッカーにも携わりたかったが、サッカー界に“転勤”はつきもの。理想を実現するには、一度サッカー界から離れたほうがいいと考えた。

「周囲にはそういう道(IT業界)に進んだ人がゼロで、逆に面白いなと。もしなんとか形になれば、他の人にもかなりいい道になり得ますし『やってやろう』という感じでかなりモチベーションになりました」

 引退後に本格的な勉強を開始し、20年2月から転職活動も開始。最初はハローワークで求人を探し、応募した。当時35歳で、経験もない。分かってはいたが、面接官からは「どうしたんですか?」などと言われることもしばしば。全滅の可能性もあると考え、職業訓練校に通うことも想定していた。

 ただ、転職活動は1か月ほどで無事に終了。現職とは別のIT企業で2年ほど勤務した。レンタカーなどを手掛ける企業の基幹システムをバージョンアップさせるプロジェクト等に携わった後、更なる成長を求めて22年に「コラボスタイル」に入社。現在は主に福岡の自宅からリモート勤務し、月に1度程度、名古屋の本社に出社している。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集