[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

引退→ITエンジニア転職は「逆に面白い」 J1札幌元エース、今歩む前例なき第二の人生

現役時代はチームのエースとして活躍し、現在はIT企業で開発に携わっている異色の元Jリーガーがいる。J1コンサドーレ札幌などでFWとして活躍し、2020年に引退を発表した内村圭宏さん。「ワークスタイルの未来を切り拓く」を理念にする名古屋のIT企業「コラボスタイル」に入社し、開発チームの一員として業務に勤しんでいる。

コンサドーレ札幌で活躍した内村圭宏さんはITエンジニアとして第二の人生を歩んでいる【写真:コラボスタイル社提供】
コンサドーレ札幌で活躍した内村圭宏さんはITエンジニアとして第二の人生を歩んでいる【写真:コラボスタイル社提供】

コンサドーレ札幌で活躍した内村圭宏さん、インタビュー前編

 現役時代はチームのエースとして活躍し、現在はIT企業で開発に携わっている異色の元Jリーガーがいる。J1コンサドーレ札幌などでFWとして活躍し、2020年に引退を発表した内村圭宏さん。「ワークスタイルの未来を切り拓く」を理念にする名古屋のIT企業「コラボスタイル」に入社し、開発チームの一員として業務に勤しんでいる。

 元Jリーガーが、セカンドキャリアにITエンジニア職を選択するのは珍しい。指導者としてサッカー界に残る選択肢もあった中で、なぜ前例のない道を選んだのか。前後編でお届けする前編では、引退後の転職活動、現職で奮闘する今に迫る。(取材・文=THE ANSWER編集部・宮内 宏哉)

 ◇ ◇ ◇

 2016年11月、コンサドーレファンに“フクアリの奇跡”として語り継がれる試合で、内村さんは主役になった。

「あのゴールは一番覚えています。追い詰められていて、かなりヒリヒリする展開。でも、いい雰囲気でめちゃくちゃ燃えていたし、凄く点を取れそうな予感がしていました。それで、本当に取れて……という感じです」

 千葉・フクダ電子アリーナで行われたJ2第41節のジェフ千葉戦。札幌は首位でこの試合を迎えていたが、負ければJ1自動昇格圏外の3位に転落する可能性もあった。アウェーの地に3000人のサポーターが集まるほど緊張感ある大一番。1点先取されるも追いつき、1-1のまま後半アディショナルタイムに突入した。

 終了時間の目安となるまで残り1分を切ったところだった。自陣からのロングフィードに内村さんが抜け出し、ペナルティエリア内でダイレクトシュート。右足から放たれたボールはGKが伸ばした手をかすめるようにしてゴールに吸い込まれた。土壇場の逆転ゴール。選手、サポーターは皆、我を忘れて歓喜した。

 2-1で勝利した札幌はJ2優勝に王手をかけ、そのまま戴冠。以来、J1で戦い続けている。内村さんは2011年J2最終節のFC東京戦でも2ゴールを挙げてJ1昇格に導くなど、大一番で輝く選手だった。

「(大一番では)体は良い感じで盛り上がっていて、頭はビックリするくらい冷静。そういうシチュエーションが好きなだけかもしれないです。凄くワクワクして燃えますし、結果はたまたまかも知れないけれど、小さい頃から大一番で結果を出してきたので『また来たか』と(笑)」

 札幌では236試合に出場し、59ゴールをマーク。2019年にFC今治で1年を過ごした後、翌20年2月に現役引退が発表された。コーチのオファーもあり、決断すればサッカー界に残れる状況だったが、内村さんが引退後に足を運んだのはなんとハローワークだった。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集