[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

25歳で戦力外、球団残留を断って 元DeNAドラ2“社長”の運命を変えた出会い

1年目5月に先発デビューも右肩が…プロ3年間は故障との闘い

 しかし、故障との戦いはここから始まった。ドラフト後、明治神宮大会の直前に高熱を発症。チームが先に現地入りする中、回復後に自費で北海道から合流するも、静養の影響で投球フォームに微妙な狂いが生じた。準々決勝・日大戦では先発したが、3回途中4失点で敗退。「パフォーマンスも良くなく、焦りがありつつ入団してしまった」と振り返る。

 その後は日によって、右肩に軽い違和感が出ることもあったため、プロ1年目の春季キャンプは2軍スタート。ファームで3試合に登板し、5月3日の巨人戦(東京D)で初登板初先発を果たした。「ファームで投げさせてもらった間も、あまり状態は良くなかった。『違和感あるな』と、不安がある時にそのまま1軍に上げてもらったので、ベストを尽くそうとは思ったんですけど……」。坂本勇人、阿部慎之助から三振を奪うなど力投したが、5回途中3失点で初黒星。最初で最後の1軍マウンドだった。

 定期的に受診したが、1年をかけて右肩の状態は悪化。オフには育成選手契約を結んだ。年俸の変動はなく、ファームで2試合登板すれば支配下に戻すという、配慮を感じる契約だった。「僕に焦りがあったので、焦りなく治して戻ってきてほしいと。(背番号の)13番も、僕がいる間はずっと空けていてくれた。ありがたいお話です」

 迎えた2年目、春季キャンプで大きな異変を感じた。朝、起床すると右肩に強烈な痛みを感じたのだ。「限界が来てしまった」。やがて5メートルのキャッチボールも不可能に。かかりつけの医師から手術を勧められ、すぐに手術した。翌年には右肘も手術。メスを入れる前は、風呂で頭を洗う際にも痛みを感じるほどだったという。7月の実戦復帰を目指していたが「肘も肩も全然ダメで『復帰できない、厳しいな』と思ってしまった」。

 8月下旬にマネージャー、球団幹部と面談。実家で両親と相談するなど、自由に時間を使うことを許されると同時に「もし引退するというなら、セカンドキャリアとして球団でトレーナーをしないか」と勧められた。魅力的な提案だった。

「3年間リハビリだったので、痛みもわかるだろう、と。元プロ選手上がりのトレーナーがベイスターズにはいなかった。新しいお話だなと思ったし、8割方そちらに気持ちが動いていました」

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集