[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁は「壁にぶち当たっている」 直近2戦3得点の不調、地元紙が「新人の神話」指摘

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁は、8日(日本時間9日)に本拠地で行われたヒート戦で出場39分7秒、無得点だった。故障から復帰以降14試合連続で先発したが、6日の3得点に続いて攻撃面で振るわず、無得点は昨年11月6日以来約4か月ぶり2度目。チームは89-100で敗れた。ドラフト1巡目指名ルーキーの苦戦について、米メディアは理由を指摘しながら「ルーキーが苦しむ時期」と報じている。

ウィザーズの八村塁【写真:Getty Images】
ウィザーズの八村塁【写真:Getty Images】

「3月のシュート成功率は33.3%」、地元紙が八村のペースダウンに注目

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁は、8日(日本時間9日)に本拠地で行われたヒート戦で出場39分7秒、無得点だった。故障から復帰以降14試合連続で先発したが、6日の3得点に続いて攻撃面で振るわず、無得点は昨年11月6日以来約4か月ぶり2度目。チームは89-100で敗れた。ドラフト1巡目指名ルーキーの苦戦について、米メディアは理由を指摘しながら「ルーキーが苦しむ時期」と報じている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 八村は第1クォーター(Q)にスティールからブラッドリー・ビールのダンクをアシストするなど奮闘。しかし、前半自己最長20分29秒の出場で3本のシュートを失敗した。2試合連続の前半無得点。後半も相手のブロックに阻まれ、最終Qの3Pシュートもリングに嫌われた。6リバウンド、3アシストを記録したが、試合を通じて3P2本を含む8本のシュートは報われなかった。

 故障から復帰以降、若手オールスター出場や8戦連続2桁得点など活躍が目立っていたが、シーズン中盤を過ぎてペースダウン。「ハチムラはルーキーの壁にぶち当たっている『自分は考えすぎている』」の見出しで報じたのは、地元紙「ワシントン・タイムズ」だった。同紙はシュート成功率について言及している。

「マイアミ・ヒートに89対100で敗戦した日曜日の試合でハチムラは8回のシュートを全て外した。彼の3月のシュート成功率は33.3%で、彼の成績の中で今月は最悪のものである」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集