[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 桐生祥秀はなぜ「くすぶり」を打破できた? 専門家が見た9秒台の「2つの理由」

桐生祥秀はなぜ「くすぶり」を打破できた? 専門家が見た9秒台の「2つの理由」

陸上の日本学生対校選手権(福井県営陸上競技場)第2日は9日、男子100メートル決勝(追い風1.8メートル)で桐生祥秀(東洋大4年)が日本人初の9秒台となる9秒98で優勝。伊東浩司が98年に記録した10秒00の日本記録を19年ぶりに更新した。高3で自己ベストとなる日本歴代2位の10秒01を記録して以来、くすぶっていた21歳は、なぜ大学4年にして自己記録を更新し、10秒台の壁を打ち破れたのか。専門家は「2つの理由がある」と分析した。

10秒01から4年…伸び悩んだ21歳、「自分の走り」を呼んだ“ケガの功名”とは

 陸上の日本学生対校選手権(福井県営陸上競技場)第2日は9日、男子100メートル決勝(追い風1.8メートル)で桐生祥秀(東洋大4年)が日本人初の9秒台となる9秒98で優勝。伊東浩司が98年に記録した10秒00の日本記録を19年ぶりに更新した。高3で自己ベストとなる日本歴代2位の10秒01を記録して以来、くすぶっていた21歳は、なぜ大学4年にして自己記録を更新し、10秒台の壁を打ち破れたのか。専門家は「2つの理由がある」と分析した。

 高3で10秒01をマーク。以来、「最も9秒台に近い男」と言われながら、4年間、自己ベストを破れなかった桐生が自己記録を更新し、一気に日本人にとって前人未踏の9秒台に足を踏み入れた。

 今年は日本選手権で4位に終わり、100メートルでは世界選手権の出場権を逃した。サニブラウン・ハキーム、多田修平ら、年下の新鋭に押され、伸び悩んでいた印象だったが、21歳にして悲願を成就させた。

「伸び悩んでいたとはいっても、昨年、自己ベストタイの10秒01をマークしています。今年、100メートルでは世界選手権に出ることはできませんでしたが、400メートルリレーではいい走りをしていた。自己ベストが出ないだけで、ベストに近い状態で常に走ることはできていました」

 こう話したのは、アテネ五輪1600メートルリレー代表でスプリント指導のプロ組織「0.01」を主催する伊藤友広氏だ。同氏によれば「今回、記録が出た理由は2つあるとみています」という。

 一つ目は“ケガの功名”だ。桐生は銅メダルを獲得した400メートルリレーで左太もも裏を痛め、十分なトレーニングを積めず、スタートも慎重に出る構えを見せていた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー