[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 為末、室伏らが称賛 桐生、衝撃の「9.98」に大反響「ついに出た」「Jet Kiryu」

為末、室伏らが称賛 桐生、衝撃の「9.98」に大反響「ついに出た」「Jet Kiryu」

陸上男子短距離の桐生祥秀(東洋大)が9日、日本学生対校選手権(福井県営陸上競技場)の男子100メートル決勝で9秒98をマーク。日本人初の9秒台で優勝を飾った21歳に対し、陸上界のOBや一流アスリートも「ついに出た」「日本記録おめでとう」「Jet Kiryu」などと祝福のメッセージを送っている。

400mハードル日本記録保持者、元ハンマー投げ選手の“鉄人”も大興奮

 陸上男子短距離の桐生祥秀(東洋大)が9日、日本学生対校選手権(福井県営陸上競技場)の男子100メートル決勝で9秒98をマーク。日本人初の9秒台で優勝を飾った21歳に対し、陸上界のOBや一流アスリートも「ついに出た」「日本記録おめでとう」「Jet Kiryu」などと祝福のメッセージを送っている。

 日本陸上界の歴史を塗り替える金字塔の誕生は、ファンのみならず、アスリートにとっても高い注目度を誇っていたようだ。レース終了後、続々とツイッターで称賛の声が上がった。

 元陸上選手で男子400メートルハードル日本記録保持者の為末大氏は、「ついに出た」と一言。2001年の世界選手権で世界大会において日本人初となるメダル(銅メダル)を獲得し、00年シドニー、04年アテネ、08年北京と五輪にも3度出場した陸上界の“先輩”でも、その衝撃は大きかったようだ。

 元ハンマー投げ選手の室伏広治氏は、「9.98秒! 桐生選手おめでとうございます!初めて日本人で10秒の壁を破ったJet Kiryu」と投稿。五輪と世界選手権で金メダルの獲得経験がある“鉄人”も快挙に賛辞を送っている。

 また、十種競技日本記録保持者の右代啓祐(スズキ浜松AC)が「桐生! 日本記録おめでとう」とつづれば、陸上短距離を専門とする東海大体育学部・競技スポーツ学科教授の高野進氏も「桐生選手、土江コーチ、サポートメンバーの皆さん9.98おめでとう!」とコメント。さらに、北京五輪、ロンドン五輪に出場した競泳の元日本代表選手、伊藤華英氏も英語で「素晴らしい!日本の歴史を作った!」とメッセージを送った。

 ファンのみならず、同じアスリートにとっても、桐生の「9.98」は心に刻まれたようだ。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー