[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本代表FW大迫が痛めた左膝関節包 長期化リスクが潜む怪我の最適な治療法とは

日本代表FW大迫勇也(ケルン)は、今季持ち味である巧みなポストプレーに磨きをかけ、ブンデスリーガで6得点7アシストと結果も残すなど好調ケルンをけん引。日本代表でもバヒド・ハリルホジッチ監督の信頼を手に入れ、レスターFW岡崎慎司から1トップのレギュラーの座を奪うほど台頭している。だが、3月23日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の敵地UAE戦(2-0)で、前線での競り合いの際に相手DFに左ひざの裏に乗られる格好となり途中交代。帰国後に精密検査を受けた結果、「左膝関節包の負傷」と診断され、全治3から4週間の離脱と発表された。

中村俊輔専属トレーナーの新盛氏が、UAE戦で痛めた大迫の負傷箇所を解説

 日本代表FW大迫勇也(ケルン)は、今季持ち味である巧みなポストプレーに磨きをかけ、ブンデスリーガで6得点7アシストと結果も残すなど好調ケルンを牽引。日本代表でもバヒド・ハリルホジッチ監督の信頼を手に入れ、レスターFW岡崎慎司から1トップのレギュラーの座を奪うほど台頭している。

 だが、3月23日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の敵地UAE戦(2-0)で、前線での競り合いの際に相手DFに左膝の裏に乗られる格好となり途中交代。帰国後に精密検査を受けた結果、「左膝関節包の負傷」と診断され、全治3から4週間の離脱と発表された。28日のタイ戦を前に代表チームから離脱したストライカーの負傷箇所は耳慣れないが、一体どのような症状なのか。また、後遺症の懸念はどれほど存在するのだろうか。ジュビロ磐田に所属する元日本代表MF中村俊輔の専属トレーナーを務める、入船しんもり鍼灸整骨院の新盛淳司院長が解説してくれた。

「関節包とは、簡単に言えば靭帯や筋肉とともに膝を補強している組織のことです。関節を包む組織で2層から形成されています。外側が線維層で、関節包靭帯と言われることもあります。やや固めの組織で、関節を強固にしたり、衝撃を吸収する役目などがあります。

 内側は、滑膜という組織から成り、関節液を分泌して関節の動きを滑らかにする役割を果たします。軟骨や靭帯などの部分に栄養を与えて、老廃物の代謝などに関与すると言われています。サッカー選手でも膝に古傷を持つ選手は、よく膝に水が溜まると言いますが、炎症した滑膜から多量の関節液が出た状態を指すことが多い。膝だけでなく、肩や股関節にもあります」

新盛院長は関節包についてこう説明すると、大迫の負傷箇所について具体的な考察を始めた。

1 2 3

新盛 淳司

芝浦田町スポーツ整骨院・はり治療院院長

柔道整復師、鍼灸師

新浦安しんもり整骨院入船院、新浦安しんもり整骨院今川院代表も務める。関節ニュートラル整体普及協会会員。サッカー元日本代表MF中村俊輔をセルティック時代から支える。関東リーグブリオベッカ浦安のチーフトレーナーも務めている。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集