[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フェデラーに漂う黄金期再来の予感 状態の良さに自信「復活劇は終わりだ」

男子テニスのマイアミ・オープンは現地時間2日(日本時間3日)に決勝が行われ、世界ランキング6位のロジャー・フェデラー(スイス)が同7位のラファエル・ナダル(スペイン)を6-3、6-4のストレートで下し、11年ぶり3度目の優勝。通算37度目となる黄金カードを制し、今季3勝目を挙げた35歳のレジェンドは「復活劇はこれで終わりだ」と自信を見せている。ESPNが報じた。

宿敵ナダル圧倒で今季3勝目、カムバックの証?「そう思うよ」

 男子テニスのマイアミ・オープンは現地時間2日(日本時間3日)に決勝が行われ、世界ランキング6位のロジャー・フェデラー(スイス)が同7位のラファエル・ナダル(スペイン)を6-3、6-4のストレートで下し、11年ぶり3度目の優勝。通算37度目となる黄金カードを制し、今季3勝目を挙げた35歳のレジェンドは「復活劇はこれで終わりだ」と自信を見せている。ESPNが報じた。

 試合は第1セット、フェデラーは互いにキープして4-3で迎えた第8ゲームをブレーク。手の内を知り尽くした戦いの中で後半に集中力を発揮し、第1セットを6-3でものにした。さらに第2セットも互いにキープしながら4-4で迎えた第9ゲームはラッキーなショットも飛び出し、ブレーク。そのまま第10ゲームをキープし、優勝を飾った。

 ナダルとの初対戦の地、マイアミで宿敵を圧倒。「故障からの復活劇を演じたフェデラーとナダルの一戦はファンを魅了した」と記した記事では「これが『カムバックの証』となるのか?」と問われたフェデラーが「そうだね、そう思うよ」と答え、こう続けたという。

「復活劇はこれで終わりだ」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集