[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「為してきたから、今がある」 京口紘人、ボクサー人生17年の生き様が表れた王座陥落

ボクシングのWBA世界ライトフライ級スーパー王者・京口紘人(ワタナベ)が1日、さいたまスーパーアリーナで行われた王座統一戦(Amazon プライム・ビデオで独占生配信)でWBC世界同級王者・寺地拳四朗(BMB)に7回2分36秒TKO負けし、2018年12月に就いた王座から陥落した。WBAスーパー&IBF同級王者だった田口良一に次ぐワタナベジム2人目の複数団体統一王者にはなれず。同一ジムから2人の統一王者輩出はお預けとなった。

敗れた京口紘人、試合後の会見は最後まで真摯に対応した【写真:荒川祐史】
敗れた京口紘人、試合後の会見は最後まで真摯に対応した【写真:荒川祐史】

敗戦後に語ったこと「やれることをやれば必ず結果が出る。自分は証明したかった」

 ボクシングのWBA世界ライトフライ級スーパー王者・京口紘人(ワタナベ)が1日、さいたまスーパーアリーナで行われた王座統一戦(Amazon プライム・ビデオで独占生配信)でWBC世界同級王者・寺地拳四朗(BMB)に7回2分36秒TKO負けし、2018年12月に就いた王座から陥落した。WBAスーパー&IBF同級王者だった田口良一に次ぐワタナベジム2人目の複数団体統一王者にはなれず。同一ジムから2人の統一王者輩出はお預けとなった。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

「為(な)せば成る」の座右の銘を体現し、たどり着いた人生最大のビッグマッチ。23日で29歳になる京口には、ジムの後輩たちに見せたい世界王者の姿があった。試合後の会見でも最後まで真摯に対応。語気を強める様子に生き様が表れていた。戦績は30歳の寺地が20勝(12KO)1敗、28歳の京口が16勝(11KO)1敗。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

 ◇ ◇ ◇

「緊張したやろ?」

 ワタナベジムのリングサイド。京口はニヤっと笑みを浮かべながら声をかけた。相手はこの日の公開スパーリングの相手を務めたジムの練習生。まだプロテスト受験前の19歳だった。さりげなく用具を片付けながら続ける。

「俺もデビュー2戦目の時に田口(良一)さんの公開練習の相手をやってな。記者さんに囲まれて緊張したわ。『やばーっ! できるかな!』って」

 世界王者は最後に「ありがとな」と笑った。ワタナベジムに広がる日常の光景だ。

 2016年春、大学卒業と同時に入門。当時、男子では内山高志、河野公平、田口の先輩世界王者が3人いた。「世界チャンピオンがこうあるべきだというのを見てきた。結果、行動で示す姿。練習態度からもそう。そういうのを見てきて、今の僕がいる」。直接、言葉で教えられたわけではない。ただ、自分も同じように生きてきた。

 練習を始めれば、後輩たちは確かな技術を盗もうとリングの外から視線を送る。スパー相手には「もう少しこうしたら?」とアドバイス。距離の近い後輩にはファイトマネーを明かす。普通の選手はあまりやることではないが、“ここまで来れるんだ”と夢を見せた。プロとして名前を売るのも仕事。リングの外では、YouTubeやツイッターでセルフプロデュースしてきた。

 面倒見のいい兄貴分。同ジムの町田主計(ちから)トレーナーは存在に感謝している。

「人に対してとても真摯。どんなふうに話せばいいか、マスコミ対応の仕方とかも見せてくれる。何より実績を残した上で。後輩が勉強になることを教えてくれますね」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集