[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

寺地拳四朗のTKOの裏で日本人レフェリーの判断を米記者絶賛「ソメヤが完璧なストップだ」

ボクシングのWBC&WBAスーパー世界ライトフライ級(48.9キロ以下)2団体王座統一戦12回戦が1日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBC王者・寺地拳四朗(BMB)がWBAスーパー王者・京口紘人(ワタナベ)に7回2分36秒TKO勝ちした。10年ぶり2度目の日本人同士による王座統一戦で、日本人5人目の複数団体王座統一に成功。この試合で米記者からはレフェリーの判断が称賛を浴びている。

7回、右ストレートで京口紘人にTKO勝ちした寺地拳四朗【写真:荒川祐史】
7回、右ストレートで京口紘人にTKO勝ちした寺地拳四朗【写真:荒川祐史】

染谷路郎レフェリーの判断に称賛の声

 ボクシングのWBC&WBAスーパー世界ライトフライ級(48.9キロ以下)2団体王座統一戦12回戦が1日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBC王者・寺地拳四朗(BMB)がWBAスーパー王者・京口紘人(ワタナベ)に7回2分36秒TKO勝ちした。10年ぶり2度目の日本人同士による王座統一戦で、日本人5人目の複数団体王座統一に成功。この試合で米記者からはレフェリーの判断が称賛を浴びている。

 激闘となった拳四朗VS京口。決着は7回だった。残り30秒、リング中央で拳四朗のワンツーから右ストレートが京口の顔面を捉える。すると、ふらふらと京口が後ずさり。仕留めにかかる寺地が圧力をかけようとした。ここですかさず、染谷路郎レフェリーが間に入ってストップ。ロープにもたれかかった京口を抱きかかえ、TKOとなった。ダメージを的確に見極めた判断だった。

 過去に井岡一翔―田中恒成戦などでもストップのタイミングが称賛されたことがある染谷レフェリー。試合後、米誌「ザ・リング」でPFPランキング評価委員などを務めるアダム・アブラモビッツ記者が反応した。自身のツイッターで「レフェリーのミチアキ・ソメヤによる、またも完璧なストップ。彼は過去にも私にとっての年間最優秀審判賞を受賞している」で評し、激闘を演じた2人のみならず、染谷レフェリーの判断を称賛した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集