[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本が「ラグビー先進国になるチャンス」 W杯“再誘致”の勝算、協会新会長が語る夢

土田会長が大切にしている夢を共有する力

 このようなビジネスマンとしての視点を持ちながらも、土田会長が大切にしているのは、やはりラグビーへのパッションであり、どれだけ多くの人たちと、夢を共有できるかだ。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

「ワールドカップ招致のメンバーを誰にしようかという話は、もうしています。第三者委員会で組織を作ってもらい、協会理事会で議論していくことになるでしょう。でも、最近はガバナンスが大事だと審議に時間をかけていますよね。確かにそうです。でも、先のことを夢語るようなことをしないと、なかなか難しいこともある。ワールドカップを呼んでくる。そのためには、代表強化がすごく大事になるし、就任挨拶でも話したように協会が世界一にならないといけない。こういう取り組みをはっきりと発表しながら、日本ラグビーを変えていくことが必要だと思います」

 ライバルとして、仲間として、ともに戦い続けてきた平尾さんを失ったが、物語は終わらない。日本代表はさらなる高みへ。日本でもう一度、世界の祭典を開く。

 2人の少年が出会ったあの夏の日から、楕円球の夢は膨らみ続けている。

【前編】日本ラグビー協会新会長は敏腕営業マン ファン拡大へ、盟友率いるリーグと連携強化
【中編】亡き盟友・平尾誠二との約束 協会新会長として受け継ぐ“日本ラグビー改革”の遺志

(吉田 宏 / Hiroshi Yoshida)

1 2 3 4 5

土田 雅人

日本ラグビーフットボール協会会長 
1962年10月21日生まれ、秋田県出身。名門・秋田工高で頭角を現すと、同志社大に進学し平尾誠二らと大学選手権3連覇を果たす。卒業後はサントリーに入り、ラグビー部で活躍。95年に現役を引退してサントリー監督となると、1年目で日本選手権優勝に導いた。97年からは日本代表フォワードコーチとなり、監督となった平尾を支えて99年W杯を経験。2000年からは再びサントリーを率いた。本業でも要職を歴任するなか、15年に日本ラグビー協会理事に、今年6月には新会長に就任した。

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。ラグビーW杯は1999、2003、07、11、15、19年と6大会連続で取材。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集