[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本が「ラグビー先進国になるチャンス」 W杯“再誘致”の勝算、協会新会長が語る夢

急逝した盟友・平尾誠二さんの思いも胸に、日本ラグビー協会の陣頭指揮に立つ土田雅人新会長。サントリーで専務執行役員という要職まで駆け上がったビジネスマンとしての手腕も、ラグビーから学んだ部分もあるという。そして実業界で培った“常識”を、今度はラグビーへ還元しながら、進める協会、日本ラグビー改革のシナリオを語ってくれた。(取材・文=吉田 宏)

土田雅人新会長が日本中を熱狂させた2019年ラグビーW杯再招致へのビジョンを語った【写真:Getty Images】
土田雅人新会長が日本中を熱狂させた2019年ラグビーW杯再招致へのビジョンを語った【写真:Getty Images】

日本ラグビー協会・土田雅人会長インタビュー後編、ビジネスに通じるラグビーの精神

 急逝した盟友・平尾誠二さんの思いも胸に、日本ラグビー協会の陣頭指揮に立つ土田雅人新会長。サントリーで専務執行役員という要職まで駆け上がったビジネスマンとしての手腕も、ラグビーから学んだ部分もあるという。そして実業界で培った“常識”を、今度はラグビーへ還元しながら、進める協会、日本ラグビー改革のシナリオを語ってくれた。(取材・文=吉田 宏)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

「もっと世界に打って出て行く協会、代表チームを一緒に作ろう」

 亡き平尾さんから誘われ、理事に就任して7年。その言葉は、今も土田会長の大きなモチベーションになっている。強いジャパンを作りたい――この情熱のベースには、日本代表フォワードコーチ退任後、再び指揮を執ったサントリーでの指導経験であり、その背景には1999年ワールドカップ(W杯)までの挑戦がある。

「99年のワールドカップが終わって、僕は仕事に戻るつもりだった。でも、佐治(信忠)会長に呼ばれて監督をもう一回やれと言われた。すでに前回の監督時代に優勝もしているし、ちょうど課長から部長になるチャンスでしたが、オーナーにやれと言われたら嫌ですとは言えないですから。でも、監督として2000年から03年まで取り組んだサントリーのラグビーは、今のチームの骨幹になっているし、日本のラグビーを少し変えたという自負はあります」

 平尾ジャパン時代の遠征や第1期サントリー監督時代の視察などで、海外のラグビーを見てきたことが、2000年からのチーム作りに大きな影響を与えることになった。

「オーストラリアでも、地域のクラブレベルではハイパントばかり蹴ってつまらないラグビーをしていて、それがスーパーラグビーではボールをどんどん動かしていた。まだまだ世界もそんな感じだった。でも、平尾と一緒にやってきたことで世界のラグビーが少し見えて、もう一回監督になった時の目指すラグビースタイルに繋がったことが財産でしょうね」

 そのスタイルこそが、体格やフィジカルで劣る一方で、俊敏性、持久力では優位に立てる日本選手の特性を生かした、ボールを止めることなく動かし続ける攻撃的なラグビーだった。土田会長自身も語っている通り、今の東京サントリーサンゴリアスのラグビーに通じるスタイルであり、それは土田会長自身が思う日本ラグビーのあるべきスタイルだ。

1 2 3 4 5

土田 雅人

日本ラグビーフットボール協会会長 
1962年10月21日生まれ、秋田県出身。名門・秋田工高で頭角を現すと、同志社大に進学し平尾誠二らと大学選手権3連覇を果たす。卒業後はサントリーに入り、ラグビー部で活躍。95年に現役を引退してサントリー監督となると、1年目で日本選手権優勝に導いた。97年からは日本代表フォワードコーチとなり、監督となった平尾を支えて99年W杯を経験。2000年からは再びサントリーを率いた。本業でも要職を歴任するなか、15年に日本ラグビー協会理事に、今年6月には新会長に就任した。

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。ラグビーW杯は1999、2003、07、11、15、19年と6大会連続で取材。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集