[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフで近年珍しい「物凄い感覚派」を自認 24歳大出瑞月がV争いに加われた理由

国内女子ゴルフツアーの資生堂レディス最終日は3日、29歳青木瀬令奈(フリー)の優勝で幕を閉じた。通算14アンダーで2位に2打差をつける逃げ切り優勝。一方、24位から出た大出瑞月(サーフビバレッジ)は7バーディー、ボギーなしの65で通算11アンダーとして5位。14番を終えた段階では、青木と並んで首位に立っていた。第3日は首位で出ながら76をたたいて後退したが、最終日は練習グリーンから「感覚が良かった」という。理論重視の選手も増える中、24歳の大出は「物凄い感覚派」を自認。今後も感覚重視でツアーを戦っていく。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

資生堂レディスを5位で終えた大出瑞月【写真:Getty Images】
資生堂レディスを5位で終えた大出瑞月【写真:Getty Images】

資生堂レディスで5位「いいパット、入ってた」

 国内女子ゴルフツアーの資生堂レディス最終日は3日、29歳青木瀬令奈(フリー)の優勝で幕を閉じた。通算14アンダーで2位に2打差をつける逃げ切り優勝。一方、24位から出た大出瑞月(サーフビバレッジ)は7バーディー、ボギーなしの65で通算11アンダーとして5位。14番を終えた段階では、青木と並んで首位に立っていた。第3日は首位で出ながら76をたたいて後退したが、最終日は練習グリーンから「感覚が良かった」という。理論重視の選手も増える中、24歳の大出は「物凄い感覚派」を自認。今後も感覚重視でツアーを戦っていく。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 最終日のホールアウト後、大出は取材陣に囲まれると、「いいパット、入っていましたね~」と自賛した。

「朝、起きた時から『おっ、体が動くな』というのはありました。コースに来たらパターの感覚が良くなっていました。手にしっくりくる感じもありましたし。昨日の終盤、打ち出しだけを気を付けて感じは良くなっていましたが、(技術的には)何も変えていないですし、何にも考えないようにしていました」

 重ねた7バーディーの中には、ロングパットもあった。「12歩とか9歩とかです」。距離はメートルではなく、歩測で示しつつ、「パットは右手(重視)で打つタイプで、それで距離感が合っていたら長いのも入るし、合っていなかったら1日、何をやってもダメな感じです」と言った。

 昨今のプロゴルファーは、好不調の波を少なくするため、コーチらにアドバスを求めている。スイングやストロークの動画を撮ってメカニックを頭に入れ、ズレがあれば修正する。大出もかつては渋野日向子と同じコーチに師事し、その後は、オーストラリア人コーチに教えを求めている。だが、アプローチ、パットに関しては、「自分の感覚でやっています。距離とかの計算も含めて」と明かした。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集