[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エンゼルス打撃コーチに直球質問「クビ恐れてる?」 屈辱20三振に米メディア容赦なし

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、敵地アストロズ戦に「3番・DH」で先発出場。4打数1安打1打点だったが、チームは2-4でサヨナラ負け。このカード3連敗で借金7となった。打撃陣が球団ワースト&メジャータイ記録となる20三振を喫したが、米メディアはジェレミー・リード打撃コーチに“解雇”の恐怖はあるか直撃している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

アストロズ戦でチームはMLBタイの20三振

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、敵地アストロズ戦に「3番・DH」で先発出場。4打数1安打1打点だったが、チームは2-4でサヨナラ負け。このカード3連敗で借金7となった。打撃陣が球団ワースト&メジャータイ記録となる20三振を喫したが、米メディアはジェレミー・リード打撃コーチに“解雇”の恐怖はあるか直撃している。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 エンゼルスは大谷が3回に左前適時打を放つなど序盤で2点を奪うが、アストロズ先発のバルデスに6回までに13三振を喫する展開。結局2-2の同点で迎えた9回、ペーニャにサヨナラ2ランを浴びて敗戦。この日27のアウトのうち、なんと20を三振で献上した。大谷も2三振するなど、この日出場した12人の野手全員が三振を喫してしまった。

 安打を放ったウォードが背後に相手捕手マルドナドがいることに気付かず、一塁でタッチアウトとなるボーンヘッドもあったこの試合。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者は、自身のツイッターでジェレミー・リード打撃コーチが取材で話した内容を伝えている。

 今季最大の借金7となったチームは投打に上手くいかない悪循環にある。リードコーチは「今日は最近上手くいかない日々の1日に過ぎない。努力が不足しているわけではない。彼らは毎日頑張っている。みんなポジティブにエネルギーを持ってやっている。でも上手くいかない。1度に多くの選手が不調に陥ることは大変なことなんだ」とエンゼルスの現状を語っている。

 この日喫した20三振については「三振と言っても色んな意味がある。走者有り(ダブルプレーの可能性がある中)の三振や得点圏での三振だ。それぞれ違う。三振は見ていて辛いが、1つのアウトに過ぎない。ポジティブに考えて、一息入れてまた頑張りたい」と前を向いた。

 また「あなたはクビになることを恐れていますか?」と直球質問も受けた模様。「私が失職するって? クビを恐れてここにいるわけじゃない。自分の仕事を遂行するためにここに来た」と強調。気丈に対応したようだ。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集