[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 21歳で来た生理 元日本代表・岡部紗季子が語る「体操選手と思春期」の闘い

21歳で来た生理 元日本代表・岡部紗季子が語る「体操選手と思春期」の闘い

五輪では女子選手の参加が増加し、今や半々に迫ろうとしている。その裏では、女性ならではの問題も存在する。例えば、思春期に訪れる生理も、その一つ。「THE ANSWER」では「女子選手とカラダ」について考える新連載を開始。第1回は「体操選手と思春期」。幼少期から打ち込み、10代でピークを迎えるといわれる競技において、女子選手はどんな悩みを抱えているのか、元日本代表選手の体験談をもとに迫った。

体操の元日本代表・岡部紗季子さん【写真提供=ベンヌ】
体操の元日本代表・岡部紗季子さん【写真提供=ベンヌ】

【新連載「私とカラダ」】体脂肪率7%、元体操トップ選手の偽らざる体験談

 五輪では女子選手の参加が増加し、今や半々に迫ろうとしている。その裏では、女性ならではの問題も存在する。例えば、思春期に訪れる生理も、その一つ。「THE ANSWER」では「女子選手とカラダ」について考える新連載を開始。第1回は「体操選手と思春期」。幼少期から打ち込み、10代でピークを迎えるといわれる競技において、女子選手はどんな悩みを抱えているのか、元日本代表選手の体験談をもとに迫った。

「初めて生理が来たのは大学生の時。21歳でした。それまで来ないことは全然、心配もしていなかったので、『引退まで来なければいいな』と思っていたのが、本音でした」

 そう話してくれたのは、元日本代表・岡部紗季子さんだ。4歳から体操を始め、長い手足を生かし、ゆかを武器にして活躍。大学時代にユニバーシアードに2度出場するなど、第一線を走り続けた。

 初めて生理が来たのは、大学いっぱいで競技を退く目前、明大3年の21歳だった。一般的に成人を迎えてから、というのは極端に遅い。しかし、体操界の事情は異なっていたという。

「普通の女の子は小学校高学年ですが、体操界で小学生のうちに来る子はなかなかいない。高校生になって初めて来る子も珍しくないし、全体として遅い傾向にある。実際、周りでは24歳になって初めて来た人もいました」

 なぜ、「遅い傾向」は生まれるのか。岡部さんは「体重制限と運動量にあるのかなと思います」と話す。競技の特性上、体重が軽い方が有利になる。強豪選手はベスト体重を定め、設定値を超えないようにコントロールする。

 岡部さんが所属していたクラブでは中学生から練習前と後に2回の体重測定が義務付けられていた。体重制限は競技を引退するまで10年間、続いた。

1 2 3 4 5 6

岡部 紗季子

 1988年5月16日、東京都生まれ。朝日生命体操クラブ出身。4歳で体操を始める。02年、ナショナルチームメンバー初選抜。明大では2大会連続ユニバーシアード代表に選出。得意種目はゆか。

 引退後は明大コーチを経て、体操教室で指導を行う。TBS系「KUNOICHI」でも活躍。自身のインスタグラムでは街や海など様々な場所で逆立ちやバック転などアクロバティックな技を披露し、人気を博している。

全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー