[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 比嘉大吾、「152秒の衝撃」に米絶賛「1ラウンド破壊劇」「繰り出される凶器」

比嘉大吾、「152秒の衝撃」に米絶賛「1ラウンド破壊劇」「繰り出される凶器」

プロボクシングのWBC世界フライ級タイトルマッチ12回戦は4日、王者・比嘉大吾(白井・具志堅)が同級9位モイセス・フエンテス(メキシコ)に1回2分32秒で衝撃のKO勝ち。日本記録に並ぶ15戦連続KOを達成し、2度目の防衛に成功した。故郷・沖縄で凱旋を飾った「152秒の衝撃」に対し、本場の米メディアも「1ラウンド破壊劇」「繰り出される凶器」などと絶賛している。

比嘉大吾【写真:Getty Images】
比嘉大吾【写真:Getty Images】

1回2分32秒で日本記録15連続KO達成…本場米メディアも賛辞「鈍器で殴りつけるよう」

 プロボクシングのWBC世界フライ級タイトルマッチ12回戦は4日、王者・比嘉大吾(白井・具志堅)が同級9位モイセス・フエンテス(メキシコ)に1回2分32秒で衝撃のKO勝ち。日本記録に並ぶ15戦連続KOを達成し、2度目の防衛に成功した。故郷・沖縄で凱旋を飾った「152秒の衝撃」に対し、本場の米メディアも「1ラウンド破壊劇」「繰り出される凶器」などと絶賛している。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 まさに衝撃だった。比嘉が故郷・沖縄のリングで歴史に残る“瞬殺”で日本ボクシング史に、金字塔を打ち立てた。1回からラッシュを仕掛け、右ストレートで元2階級制覇王者をわずか152秒でマットに沈めた。2度目に並ぶ防衛は日本記録に並ぶ15戦連続KO。圧巻の戦いを演じた「Daigo Higa」の名は、海を越えて本場・米国でも一躍、駆け巡った。

 ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」は「ダイゴ・ヒガの“1ラウンド破壊劇”」と見出しを打って特集。「33秒を過ぎたあたりからヒガが鈍器で殴りつけるようなモードに突入し、その右から繰り出される凶器は、フエンテスが起き上がるのを拒むほどのものだった」とレポートしている。

「ワールドボクシングニュース」は「ダイゴ・ヒガが相手に吐き気を催させるようなボディショットでKO勝ち」と特集し、「誰が見ても明らかな痛みは息をすることすら許されない。フエンテスのマウスピースが落ちるのは当然のことだった」と称賛。「ボクシングニュース」は「ダイゴ・ヒガがモイセス・フエンテスを破壊」と見出しを打って特集している。

 圧巻の戦いぶりで日本のファンを熱狂させた比嘉。その鮮烈なインパクトは遠く米国にも届いているようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー