[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

NYの永遠の“フェイバリット・サン” 孤高の元エースが苦悩の日々で貫いた流儀

「ありがとう、メロ」―――。現地時間12月16日、ニューヨーク(NY)のマディソン・スクエア・ガーデン(MSG)で行われたニューヨーク・ニックス対オクラホマシティ・サンダー戦の開始前、そんな文字が巨大スクリーンに踊った。

カーメロ・アンソニー【写真:Getty Images】
カーメロ・アンソニー【写真:Getty Images】

サンダー移籍後初のNY凱旋…“敵”となった元エースにファンから大歓声

「ありがとう、メロ」―――。

 現地時間12月16日、ニューヨーク(NY)のマディソン・スクエア・ガーデン(MSG)で行われたニューヨーク・ニックス対オクラホマシティ・サンダー戦の開始前、そんな文字が巨大スクリーンに踊った。

“メロ”とはNY生まれのスーパースター、カーメロ・アンソニーの愛称だ。昨季まで故郷チームであるニックスのエースとしてプレーし、今年9月にオクラホマシティ・サンダーへと移籍したアンソニーが、聖地MSGに移籍後初凱旋。NYでのハイライトをまとめた映像が上映され、ファンも大歓声を送ったのだった。

「(メロに対しては)歓声の方が多いはずだ。コートで全力を尽くし、チームのためにプレーしてきた選手を非難すべきではない。ファンが求めた形かどうかは別にして、彼はすべてのゲームで全力を尽くしたのだからね」

 アンソニーからニックスのエース役を継承したクリスタプス・ポルジンギスはそう述べていた。後輩の予想通り、ニックスとニューヨークのファンは和やかな雰囲気を演出した。さすがに試合開始後はアンソニーがボールを持つとブーイングも飛んだが、それでも“元ヒーロー帰還”の空気は最後まで崩れなかった。

1 2 3 4

杉浦 大介

1975年、東京都生まれ。高校球児からアマボクサーを経て、フリーランスのスポーツライターに転身。現在はニューヨーク在住で、ボクシング、MLB、NBAなどを題材に執筆活動を行う。主な著書に「日本人投手黄金時代 メジャーリーグにおける真の評価」(KKベストセラーズ)、「イチローがいた幸せ」(悟空出版)。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集