[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 思わず笑う米ゴルフ珍場面 玉突きショット、股抜き、ワニ狩り「最も面白おかしい」

思わず笑う米ゴルフ珍場面 玉突きショット、股抜き、ワニ狩り「最も面白おかしい」

米男子ゴルフのPGAツアーは2017年の全日程を終え、2018年は1月4日から始まるトーナメント・オブ・チャンピオンズ(ハワイ州マウイ)で幕を開ける。PGAツアーは1年間を振り返るべく、公式ツイッターで「5つの最も面白おかしい瞬間」を特集。池での“遊泳”、“玉突きショット”、世界で最も軽快なカメラマンなど、今年のゴルフ界を彩った珍場面に笑撃が広がっている。

ジョーダン・スピース【写真:Getty Images】
ジョーダン・スピース【写真:Getty Images】

PGAツアー公式が2017年回顧企画を実施…5位は「選手たちがひと泳ぎ」!?

 米男子ゴルフのPGAツアーは2017年の全日程を終え、2018年は1月4日から始まるトーナメント・オブ・チャンピオンズ(ハワイ州マウイ)で幕を開ける。PGAツアーは1年間を振り返るべく、公式ツイッターで「5つの最も面白おかしい瞬間」を特集。池での“遊泳”、“玉突きショット”、世界で最も軽快なカメラマンなど、今年のゴルフ界を彩った珍場面に笑撃が広がっている。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 こんな面白いシーンがあったのか。そう思いたくなるほど、厳選された映像は滑稽で衝撃的だった。

「今年度、5つの最も面白おかしい瞬間」の5位は、「選手たちがひと泳ぎ」。1月のキャリアビルダー・チャレンジで37歳のゴンザロ・フェルナンデス=カスタノ(スペイン)が、大会2日目の9番パー4で池の縁のボールを、ズボンを脱いで池の中からショットを敢行。水位は膝上以上、青シャツに白いパンツ姿でクラブを短く持って水平切りのようにボールを払い、鮮やかなアプローチショットを成功させた。当時のPGA公式サイトでは、「シューズなし、パンツなし、問題ない?」とユーモアを持って報じていた。

 驚愕の池ショットはこれだけで終わらない。2月のホンダ・クラシックでは、さらに“上手”がいた。36歳のショーン・ステファニー(米国)は、大会2日目の6番パー4、ティーショットで池の端にボールを落とすと、驚きの格好でショットを試みた。おもむろにパンツ1の姿となると、池の中に入ってそのままスイングを行ったのだ。水しぶきをあげながらボールは見事池から脱出し、シャツとズボンを身に着けてプレーに戻る光景は何ともシュールだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー