[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

NYの永遠の“フェイバリット・サン” 孤高の元エースが苦悩の日々で貫いた流儀

NYファンも自分を重ね合わせて共感…元エースは永遠なる“フェイバリット・サン”

 チームを勝利に導けず、批判されるのはもちろん仕方ない。2014年夏にニックスがアンソニーと結んだ5年1億2400万ドル(約130億円)という契約は当初から賢明とは思えず、結果として、完全な判断ミスとして記憶されていくに違いない。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

 それでもアンソニーはNYを愛し、この街で成功したいと願い、自分にできる限りのことをやった。その時々でベストは尽くした。敗れたのは個人、チームの実力、能力が及ばなかっただけで、準備、努力不足ではなかった。

 才能に満ちあふれ、大舞台を好み、熱心で、時にセルフィッシュで、完璧ではなかったスタープレーヤー。ジャンルを問わず、この街に集まってくる多くの才人たちは、そんなアンソニーと自身の共通点を見つけられるのではないか。アンソニーも最後までNYでの勝利を望み続け、そして敗れた。

 せっかちの典型のように言われるニューヨーカーだが、“地元愛”を感じさせる選手には意外に寛容である。チームを去るぎりぎりまで、アンソニーはNYの“フェイバリット・サン(地元で愛された選手)”だった。

 だからこそ、初めての帰還の際に、地元ファンは彼にスタンディング・オベーションを送ったのだろう。そして、これから先も、アンソニーがNYに戻ってくるたび、人々は元スターを総じて温かく迎える続けるに違いない。

(杉浦 大介 / Daisuke Sugiura)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

1 2 3 4

杉浦 大介

1975年、東京都生まれ。高校球児からアマボクサーを経て、フリーランスのスポーツライターに転身。現在はニューヨーク在住で、ボクシング、MLB、NBAなどを題材に執筆活動を行う。主な著書に「日本人投手黄金時代 メジャーリーグにおける真の評価」(KKベストセラーズ)、「イチローがいた幸せ」(悟空出版)。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集