[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

怖くなかった初めてのインターハイ 学校は「ここから10分」鳴門・竜田そらと徳島の夏

陸上の全国高校総体(インターハイ)が3日に開幕した。5日間、さまざまな種目で高校日本一を決める晴れ舞台は、徳島の大塚スポーツパーク・ポカリスエットスタジアム。女子1500メートル予選では、地元の鳴門・竜田そら(2年)が組5着と奮闘した。開催が決まった中学1年生の冬から想い続けた地元の夢舞台で自己ベストをマークし、他の選手が転倒した影響による救済で4日の決勝進出となった。

地元の鳴門・竜田そら(2年)【写真:荒川祐史】
地元の鳴門・竜田そら(2年)【写真:荒川祐史】

インターハイ陸上女子1500m予選5着、救済で決勝進出「怖がらずに自分の走りできた」

 陸上の全国高校総体(インターハイ)が3日に開幕した。5日間、さまざまな種目で高校日本一を決める晴れ舞台は、徳島の大塚スポーツパーク・ポカリスエットスタジアム。女子1500メートル予選では、地元の鳴門・竜田そら(2年)が組5着と奮闘した。開催が決まった中学1年生の冬から想い続けた地元の夢舞台で自己ベストをマークし、他の選手が転倒した影響による救済で4日の決勝進出となった。

 ◇ ◇ ◇

 初めてのインターハイも怖くなかった。

「持ちタイムは組(12人)で一番遅くて。でも、怖がらずに自分のベストを目指した走りができた。今日出せる自分の力は全部、出せたかなって思います」

 組5着で駆け抜けたレース後、徳島訛りで話した竜田の表情に屈託のない笑顔が咲いた。

 アクシデントにもめげなかった。

 各組3着+タイム上位4人が決勝に進める予選4組。想定より位置取りが後ろになり、集団後方でレースを展開。前を走っていた選手の転倒があり、ロスがあった。しかし、集団で隠れそうな小さな体で、自分よりタイムが上位の選手を一人、また一人と抜いていった。

 レース直後は言い訳することなく「諦めずに最後まで走り抜けた」と晴れやかに話していたが、救済による17人目の決勝進出者になった。

「この大会のために頑張ってきたと言っても過言じゃないくらい、やってきた」

 そう言えるほど、憧れを持ち続けた高2の夏だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集