[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

19歳ボツワナ選手が100m9秒91 超余裕の“ボルト走り”を披露「尊敬する人なんだ」

陸上のU20(20歳未満)世界選手権の男子100メートル決勝が2日(日本時間3日)、コロンビアのカリで行われ、驚愕のパフォーマンスが生まれた。ボツワナの19歳レツィレ・テボゴがU20世界新記録となる9秒91(追い風0.8メートル)で優勝。世界陸連(WA)は動画を公開した。ゴール前から“流した”走りの圧勝劇で、レース後は世界記録保持者のウサイン・ボルトを意識していたことを明かした。

ボツワナの19歳レツィレ・テボゴが9秒91で優勝した【写真:ロイター】
ボツワナの19歳レツィレ・テボゴが9秒91で優勝した【写真:ロイター】

陸上のU20世界選手権で生まれた驚愕のパフォーマンスとは

 陸上のU20(20歳未満)世界選手権の男子100メートル決勝が2日(日本時間3日)、コロンビアのカリで行われ、驚愕のパフォーマンスが生まれた。ボツワナの19歳レツィレ・テボゴがU20世界新記録となる9秒91(追い風0.8メートル)で優勝。世界陸連(WA)は動画を公開した。ゴール前から“流した”走りの圧勝劇で、レース後は世界記録保持者のウサイン・ボルトを意識していたことを明かした。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 テボゴは余裕で9秒台をマークした。好スタートからスピードに乗って、40メートル付近で早くも先頭に。その後も力強いストライドで2位以下を突き離すと、残り30メートル付近からメインスタンド側を向いて右手でセレブレーションをしながらゴール。力を緩めた状態で計時された9秒91のタイムは同大会の新記録&自己ベストだった。

 WA公式ツイッターはレース動画を公開し、公式サイトでも「テボゴが100メートル9秒91のU20記録を樹立」と紹介した。本文では「彼は次世代のウサイン・ボルトなのか? 19歳がこのような比較を受けるのは理由がある」と記載。こう続けた。

「弾丸のようなスタートを切り、ライバルたちを突き放した。ボルトが20歳の時でさえできなかったような走りを見せ、残り30メートル付近でセレブレーションを始めた。ライバルの方を見ながら右手を挙げたのである。そしてスマイルしながらゴールした」

 7月のオレゴン世界陸上で準決勝敗退だったテボゴ。WAはこの日のレース後のコメントも紹介した。ゴール前のセレブレーションの理由を問われると「レースを楽しみたかったから。もし失礼なことだと思ったら謝りたい。でも家で見ていたウサイン・ボルトのことを思い出してほしかったんだ。彼は私のアイドル。尊敬している人物なんだ」とボルトに対する意識があったことを隠さなかった。

 ボルトは2008年北京五輪男子100メートル決勝で、ゴール20メートルほど手前から横を向いてゴールし、当時の世界新記録となる9秒69をマークしていた。この日、デボコの隣のレーンを走った日本の柳田大輝(東洋大)は10秒24の6位だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集