[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

南米サッカー選手が「永久追放」と海外報道 女性主審に暴行で即逮捕「協会は非難」

イングランド1部プレミアリーグなど海外サッカーでプレシーズンの戦いが進む中、アルゼンチンの3部リーグで蛮行を起こした選手が、永久追放処分を下された。判定に怒って女性主審に暴行。背後から殴った動画が拡散された。米メディアは、選手がクラブから永久追放処分を受けたことを報じている。

アルゼンチンのサッカー3部リーグで主審に暴行した選手が永久追放処分を下された(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
アルゼンチンのサッカー3部リーグで主審に暴行した選手が永久追放処分を下された(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

アルゼンチン3部リーグで女性主審に暴行、選手が逮捕された様子とは

 イングランド1部プレミアリーグなど海外サッカーでプレシーズンの戦いが進む中、アルゼンチンの3部リーグで蛮行を起こした選手が、永久追放処分を下された。判定に怒って女性主審に暴行。背後から殴った動画が拡散された。米メディアは、選手がクラブから永久追放処分を受けたことを報じている。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 現地時間7月31日、アルゼンチン3部リーグのデポルティーボ・インデペンデンシア対ガルメンセの試合だった。試合中、ガルメンセのクリスティアン・ティローネが、女性主審のダルマ・コルタディ氏からイエローカードを掲示。猛抗議に出ると、引き離そうとする味方を振りほどいて背後から主審に殴りかかった。ピッチに突入してきた警官隊にそのまま逮捕に。病院に搬送された主審は大事に至らなかったという。

 米スポーツ専門局「CBSスポーツ」は動画付きで記事を掲載。海外ファンから衝撃を受けた様子のコメントが相次いでいた中、記事では「ガルメンセはティローネに永久追放処分を下した」とクラブの対応を報じた。さらに、同クラブは「スポーツの精神に反した行為を強く否定する」と声明で発表したという。

 記事によると、アルゼンチンサッカー協会も「ダルマ・コルタディ氏に対してのクリスティアン・ティローネの暴力を我々は非難する」とコメントしたという。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集