[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

怖くなかった初めてのインターハイ 学校は「ここから10分」鳴門・竜田そらと徳島の夏

自己ベスト4分28秒15でゴール【写真:荒川祐史】
自己ベスト4分28秒15でゴール【写真:荒川祐史】

味方してくれた徳島の空気「ひと回り強くさせてくれる気がした」

 中1の冬、2022年インターハイの徳島開催が決定。しかも、地元の鳴門市にあるポカリスエットスタジアムが舞台だった。

 鳴門一中から「ここ(競技場)から10分くらい」という鳴門高に進学。「2年生は選手としてものびのびとやれる時期」と1年半後に照準を合わせ、中距離は男子に交じって練習した。入学から地道にタイムを伸ばし、2年目の夏に初めてのインターハイ切符を掴んだ。

「インターハイをこんな地元でできることが凄く嬉しかったし、環境にも恵まれました。一緒に練習してくれたチームメートや顧問の先生に感謝したいし、今日は元気に走る姿を見せられたかなって思います」

 4分28秒15は自己ベスト。アクシデントがありながら、全国の大舞台で一気に7秒も更新したことは大きな価値がある。

 その力を与えてくれたのも地元の力。「大きい大会になると、“周りの選手が怖く見える”と言われるけど、普段と変わらない優しい雰囲気で競技ができた」。地元の空気を「ひと回り強くさせてくれる気がした」と表現し、笑った。

 今大会は800メートルも控えるが「一番好き」という1500メートルに懸け、この大会に挑んでいる。

 まずは4日に行われる決勝。残りのレースに向けて「自分の走りがしたい」と意気込んでいた竜田。この場所に怖いものなんてない。4年前からこの夏に懸けてきた想いを、風物詩の阿波おどりも控える徳島の空気が味方してくれる。

(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集