[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

夏の甲子園中止から2年 コロナに夢断たれた20歳発起人、1000人巻き込み目指す“開催”

“幻”となった甲子園球児の戦いを、2年越しに実現させるプロジェクトが動き始めている。武蔵野大に通う2年生・大武優斗さんは、新型コロナウイルスの影響で最後の夏を奪われた1人。2020年に各都道府県で行われた独自大会の優勝チームを集め、甲子園で試合を開催するべく奮闘している。

20歳の大武さんはコロナ禍で奪われた2020年“幻の甲子園”の実現を目指す【写真:本人提供】
20歳の大武さんはコロナ禍で奪われた2020年“幻の甲子園”の実現を目指す【写真:本人提供】

2020年夏の甲子園中止、当時の球児たちを集めた大会開催を目指す

“幻”となった甲子園球児の戦いを、2年越しに実現させるプロジェクトが動き始めている。武蔵野大に通う2年生・大武優斗さんは、新型コロナウイルスの影響で最後の夏を奪われた1人。2020年に各都道府県で行われた独自大会の優勝チームを集め、甲子園で試合を開催するべく奮闘している。

 既に46チームから参加の意思を伝えられており、今後は甲子園球場側との交渉、クラウドファウンディングによる資金調達を行う予定。卒業後の今もある高校野球への心残り、プロジェクトを始めるに至った経緯など、発起人が抱く熱い思いを聞いた。(取材・文=THE ANSWER編集部・宮内 宏哉)

 ◇ ◇ ◇

 人生の目標を奪われたあの日。今でも日付まで鮮明に覚えている。

「2020年5月20日。自分の心が折れて、野球への熱がなくなってしまいました。正直、ニュースが本当なのか疑いがあったし、信じ切れていない状態で学校に行って……監督さんの話を聞いて、そこで本当に甲子園がないんだと理解しました」

 東京・城西大城西高3年生だった大武さんは、自宅待機中に見たテレビのニュース報道に愕然とした。戦後初、夏の甲子園中止。信じたくない気持ちで開いたツイッターでも、トレンドに上がるなど大きな話題になっていた。

 中学時代はクラブチームで全国16強入り。高校では膝の怪我でなかなか試合に出られずにいたが、高2の秋が終わってようやくセンターのポジションを掴んだ。しかし、年明けから日本列島にも容赦なく影を落としたコロナ禍により、最後の夏は挑むチャンスすら用意されなかった。

「自分は何のために高校野球をやってきたんだろう」。各都道府県で独自大会の開催は決まったが、どうしても普段の熱量では練習に打ち込めない。チームは東東京ベスト16まで勝ち進んだが、引退してもモヤモヤは晴れなかった。甲子園出場は育ててくれた両親の悲願でもあり、親孝行できなかったのは大きな心残りになった。

 当初は大学でも野球を続けるつもりだったが、思わぬ形で高校野球を終えたことで将来に対する考えも変わった。

「甲子園中止で、何もできない不甲斐なさを自分自身に感じました。だから、何かしら影響力を持った人間になりたいと考えたんです」

 進路を考える中で起業・経営に興味を抱き、武蔵野大が2021年からアントレプレナーシップ学部を新設することを知った。「自分の思考と行動で、世界をより良い場所にできると本気で信じる人を増やす」ことをミッションに、教員陣は全員が起業家などの実務家教員。座学はほとんどなく、実践を重視した学部だ。

「野球でもプロ野球選手に教わってみたいって思うのと同じで、教わるならプロの起業家に教えてもらいたいと思いました」

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集