[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

50m6秒0でも「チームで4、5番手」 俊足揃いの関東第一が春V、監督は「まだ鍛え直す」

高校野球の春季東京都大会は24日に決勝(スリーボンドスタジアム八王子)が行われ、関東第一が7-3で今春センバツ出場の二松学舎大付を下し、2年連続6度目の優勝を掴んだ。俊足揃いのナインが躍動し、相手のエース・布施東海(3年)から12安打7得点。昨夏、秋と敗れた相手に雪辱を果たした。両校は5月の関東大会に出場する。

関東第一の1番・柳瀬冬和(左)と2番・三浦麟【写真:中戸川知世】
関東第一の1番・柳瀬冬和(左)と2番・三浦麟【写真:中戸川知世】

春季高校野球東京都大会・決勝

 高校野球の春季東京都大会は24日に決勝(スリーボンドスタジアム八王子)が行われ、関東第一が7-3で今春センバツ出場の二松学舎大付を下し、2年連続6度目の優勝を掴んだ。俊足揃いのナインが躍動し、相手のエース・布施東海(3年)から12安打7得点。昨夏、秋と敗れた相手に雪辱を果たした。両校は5月の関東大会に出場する。

 関東第一の足の速さが光った。2点リードの3回、2番の三浦麟(3年)の打球は右中間へ。外野手の間は抜けなかったが、迷わず二塁を陥れた。続く打者の三ゴロでは送球間にヘッドスライディングで三塁へ。4番・富岡大阿(3年)の左越え2ランで生還した。4回も先頭の6番・秋葉晧介(3年)の投手への内野安打を口火に3得点。序盤で布施から7点を奪った。

 チームは23日の準決勝・帝京戦でも5本の内野安打を記録。この日、2回に先制の2点二塁打を放った増尾己波(3年)は「みんな速いんです。自分で50メートル走が大体6秒ジャストくらい。それでもチームで4番手か5番手」と語る。なかでも準々決勝・日体大荏原戦でランニング本塁打を放った1番の柳瀬冬和(3年)、2番の三浦は抜きん出て速い。

 昨夏の決勝、秋の準決勝と敗れていた二松学舎大付にリベンジを果たした。ただ、米澤貴光監督は「ミスもあった。まだまだ鍛え直さないと」と冷静に振り返った。自慢の走塁面では、バントの空振りで飛び出した走者が刺され、またフライで戻れずアウトを献上する場面もあった。関東大会、そして勝負の夏へ「バントミス、走塁ミスは攻めた結果ならいいが、流れが変わってしまう。走塁は課題」と指摘していた。

(THE ANSWER編集部・宮内 宏哉 / Hiroya Miyauchi)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集