[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

4回7失点でも「最後まで行くよ」 甲子園も経験した二松学舎大付エースを完投させた意図

高校野球の春季東京都大会は24日に決勝(スリーボンドスタジアム八王子)が行われ、今春センバツ出場の二松学舎大付は3-7で関東第一に敗れ、初優勝はならなかった。エースの布施東海(3年)が4回までに7失点。継投策をとってもおかしくない状況だったが、9回113球を投げ抜いた。市原勝人監督は試合後、完投させた背景を明かした。両校は5月の関東大会に出場する。

二松学舎大付のエース・布施東海【写真:中戸川知世】
二松学舎大付のエース・布施東海【写真:中戸川知世】

春季高校野球東京都大会・決勝

 高校野球の春季東京都大会は24日に決勝(スリーボンドスタジアム八王子)が行われ、今春センバツ出場の二松学舎大付は3-7で関東第一に敗れ、初優勝はならなかった。エースの布施東海(3年)が4回までに7失点。継投策をとってもおかしくない状況だったが、9回113球を投げ抜いた。市原勝人監督は試合後、完投させた背景を明かした。両校は5月の関東大会に出場する。

 甲子園のマウンドも経験しているエース布施が序盤苦しんだ。「打たれちゃいけない気持ちが強すぎた。浮いたボールが甘く入った」と振り返るように、2回に相手の7番・増尾己波(3年)に2点二塁打を浴びてから3イニング連続で失点。3回には2ランを被弾するなど、4回終了時点で8安打を浴びた。

 前日の準決勝・日大三戦は温存されて迎えたこの日。4回を投げ終えてベンチに戻った時、市原監督から声をかけられた。「決勝はコールドないからね。最後まで行くよ」。どれだけ点を取られても布施を完投させるつもりでいた指揮官は、左腕に「粘っこさ」を求めていた。

「(布施は)背伸びしているようなところがあった。自分のイメージするピッチングの見積もりが高くなり、ちょっと点を取られて自分のペースじゃなくなると、なんとなく粘っこさがなくなる。そんなことで(さじを)投げちゃったらどうにもならない」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集