[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • 女子とスポーツ
  • 「月経の話」はタブーの日本 五輪選手と産婦人科医が「女性と思春期」の今を考える

「月経の話」はタブーの日本 五輪選手と産婦人科医が「女性と思春期」の今を考える

男子選手とは異なる悩みを抱える女子アスリートの体について考える「THE ANSWER」の連載「私とカラダ」。今回は元競泳日本代表で五輪に2度出場した伊藤華英さんが登場し、日本スポーツ協会公認スポーツドクターの産婦人科医・江夏亜希子氏(四季レディースクリニック院長)と対談。アスリートと医師という異なる立場から、月経との付き合い方、ピルの服用の是非など、競技に打ち込む女性に起こる体の問題について話してもらった。全3回にわたる第1回は「女子アスリートと月経の現状」。

元競泳代表の伊藤華英さん(左)と産婦人科医の江夏亜希子氏【写真:編集部】
元競泳代表の伊藤華英さん(左)と産婦人科医の江夏亜希子氏【写真:編集部】

元競泳代表・伊藤華英さんと産婦人科医・江夏亜希子氏が語る「女性の体」問題/第1回

 男子選手とは異なる悩みを抱える女子アスリートの体について考える「THE ANSWER」の連載「私とカラダ」。今回は元競泳日本代表で五輪に2度出場した伊藤華英さんが登場し、日本スポーツ協会公認スポーツドクターの産婦人科医・江夏亜希子氏(四季レディースクリニック院長)と対談。アスリートと医師という異なる立場から、月経との付き合い方、ピルの服用の是非など、競技に打ち込む女性に起こる体の問題について話してもらった。全3回にわたる第1回は「女子アスリートと月経の現状」。

【第2回】なぜ、競技にピルは広まらないのか 女子選手が知るべき「服用のメリットとリスク」
【第3回】「月経は来ない方がいい」という風潮 女子選手は女性を捨てなければ勝てないのか

 伊藤さんは北京五輪で月経が重なった経験を持つ。当時の話は昨年に自身のコラムでもつづり、反響を呼んだ。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会に務める傍ら、スポーツ庁、東京都などで保護者や指導者を対象に「女子選手と思春期」をテーマに講演も行っている。一方、江夏氏は自身も大学時代まで水泳に打ち込み、日本水泳連盟の連携組織、日本水泳ドクター会議のメンバーとして水泳日本代表のチームドクターを務めた経歴を持ち、女子選手のサポートを手がけてきた。伊藤さんとは代表チームで出会い、現在はかかりつけ医として親交がある。そんな2人が明かした、スポーツ界における女性問題の現状とは――。

 ◇ ◇ ◇

――近年、「女子アスリートと月経」の問題がスポットライトを浴びるようになりました。実際の現場では、どういう現状にあるのでしょうか。

江夏「まず、私の経歴を交えてお話しますと、もともと大学まで水泳選手をやっていました。中学時代、オーバートレーニングで体調を崩したことからスポーツドクターになりたいと思い、医者になりました。思春期から月経痛が強く、月経時に泳いでいいのか周囲から相談されることも多かったことも影響して、産婦人科を選びました。ただ、20年以上前の当時、スポーツ医学で産婦人科が関わっているのはマタニティースイミングくらいでした。水泳選手をはじめ、スポーツ選手が“女性性”に関して困っているとあまり気づかれていなかったんです」

伊藤「当時はそんな感じだったんですね」

江夏「『マラソン選手くらいに体を絞ったら、そりゃ、月経は止まるよね』くらいの感覚。本当にそんなレベルでした。でも、いろんなデータが積み重なった結果、月経が止まるほど体を追い込んだら、それは女性ホルモンが出ていないことの表れだから骨がもろくなる、そんな状態で負荷をかけると疲労骨折になると分かってきました。これは体操選手、陸上の長距離選手のように体を絞りすぎのアスリートに見られる傾向です」

伊藤「水泳選手はまたちょっと特殊ですよね」

1 2 3 4 5 6 7

伊藤 華英

 日本代表選手として2012年ロンドン五輪まで日本競泳会に貢献。2004年アテネ五輪出場確実と騒がれたが、選考会で実力を発揮できず、出場を逃す。水泳が心底好きという気持ちと、五輪にどうしても行きたいという強い気持ちで、2008年女子100m背泳ぎ日本記録を樹立し、初めて五輪代表選手となる。

 その後、メダル獲得を目標にロンドン五輪を目指すが、怪我により2009年に背泳ぎから自由形に転向。自由形の日本代表選手として、世界選手権・アジア大会での数々のメダル獲得を経て、2012年ロンドン五輪・自由形の代表選手となる。2012年10月の岐阜国体を最後に現役引退。

 引退後、ピラティスの資格取得とともに、水泳とピラティスの素晴らしさを多くの人に伝えたいと活動中。また、スポーツ界の環境保全を啓発・実践する「JOCオリンピック・ムーヴメントアンバサダー」としても活動中。

江夏 亜希子

1970年、宮崎・都城市生まれ。96年に鳥取大学卒業後、鳥取大学産婦人科に入局。鳥取大学医学部附属病院、公立八鹿病院(兵庫県)、国立米子病院(現・米子医療センター)などの勤務を経て、04年に上京。汐留第2セントラルクリニック、イーク丸の内、ウィミンズウェルネス銀座クリニックにて女性外来での診療を経験する傍ら、東京大学大学院身体教育学研究科にてスポーツ医学を学び、10年4月に東京都中央区に四季レディースクリニックを開院。日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医、日本スポーツ協会公認スポーツドクターなど。日本エンドメトリオーシス学会、日本性感染症学会、日本臨床スポーツ医学会にも所属する。

全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー